hibi no awaI AM WILLING TO SHARE THESE KINDA BEAUTIFUL DAYS.

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
継続する人たち 11 years ago
お店でごそごそ準備をした後、ふらりと東京駅へ。
かなり気が早いのですが、年末帰省のJR特急券を押さえました。一安心です。

ちょうど今日から、丸の内北口地下・動輪の広場(喫煙モクモクコーナー隣り)にて、秦野市にある福祉施設・弘済学園「わたしたちが創る展(~12/4)」が開催されていたので覗いてみました。


弘済学園.jpg

知的障害・自閉症の園生の方々による作品はその場で買うことができます。
タイルアート、クリスマスリース、彫刻の入った木箱など、本当に丁寧に作られていて驚きました。色の組み合わせやモチーフの構図などから、素直な感性が伝わってきます。


R0013350.JPG

蛸のタイル画を買いました。きれいな配色。鍋敷きにもなるそうです。

ちなみに弘済学園のイヴェントは毎年、東京駅で行われているそうで、舘ひろし氏がオープニングセレモニーに毎年、参加しているとのこと。(僕は広島に住んでいたころ、「パセーラにひろしが来る!」という情報を仕入れ、備北バスで駆けつけた経験があるプチフリーク。)
今日は東京駅にて、数時間前までいたはずのひろしの残り香をなんとなく感じつつ、「彼は色々いじられてるけど結局、すごくいい人なんだよな」と、彼の偉大さを再確認しました。

---

俳優の舘ひろしさんは、「ものづくり」という人生の同一グラウンドから対等な立場で温かいご支援をくださります。舘さんの存在は、その深い教養と広い視野に裏付けられたアドバイスとともに、いまや展示会にとって欠くことのできない「象徴」となっています。 
(わたしたちが創る展・園長あいさつより抜粋)

---


ヒロシ・タチは、敬愛しているジャック・タチと同じように、素顔はシャイでまじめな、僕の人生の伯父さん。久しぶりに彼への気持ちが高まってる間に、ツタヤまで「あぶ刑事」を借りに行こうと思います。