hibi no awaI AM WILLING TO SHARE THESE KINDA BEAUTIFUL DAYS.

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
佐藤浩市と中村吉右衛門とメキシコ料理 10 years ago
原宿から明治通りをぷらぷらと代々木方面へ。


R0015868.JPG

夜の歩道橋を渡って


R0015869.JPG

ミステリアスな夜のトルコ大使館を越えて


R0015885.JPG

「ここまで来ると閑静だなー」と感じ始めて2分後に到着です。
ここは素敵なメキシコ料理の店。


R0015871.JPG

地下に繋がる階段をひたすら下ります。
壁の落書きは以前あったお店(どうやら有名なクラブ?)の名残らしいです。


R0015880.JPG

大きな地下倉庫に、映画のセットがあるみたい。


R0015872.JPG

しあわせのみちって!
マウスで書いたのかな、このかわいさ!


料理は大皿にどどんとメキシコ人サイズでしたよ。もちろんオイシ。
前菜なのにメイン皿かと思わせるボリュームに、2人は大興奮の夜でした。
メキシコ大使館の方もふるさとを想い、お食事にいらっしゃるそうです。


この夜は、流しのマリアッチがテーブルで賑やかに演奏をしてました。
メキシコ(スペイン)音楽はほとんど知りませんが、「端麗(生)をごくごく飲んでる、コーイチ・サトーの美味しそうな顔CM」で有名な「ジプシー・キングス」の「ヴォラーレ」を演奏してくれましたよ。これはみんな知ってるはず。

ついでに、ジプシー・キングスの曲といえば「鬼平犯科帳」のエンディングテーマにも使われてる「インスピレイション」もやばいですよね。これを時代劇に選んだ人はすごいセンスだと思う。

Gipsy Kings - Volare
Gipsy Kings - Inspiration