hibi no awaI AM WILLING TO SHARE THESE KINDA BEAUTIFUL DAYS.

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
オークランドのおもいで 9 years ago
むかしむかし、カリフォルニア州のオークランドという町に住んでいたことがある。

オークランドからBART(BayArea Rapid Transit)という生活鉄道にのって、片道約一時間かけて、プレザントンという田舎町にかよっていた。
自分でも信じられなくて笑えるんだけど、僕は当時、なぜか某製薬会社でインターンをしていたのでした。

会社では一日中PCに向かい、アジア地区のマーケリサーチ的な仕事で一日が終わる。
で、BARTに乗ってオークランドに帰る。日々はこんな感じ。

自宅にもネット環境はあったので、「ここに毎日通う理由はあるのかしら?」と思いつつも、
BARTの高架から眺める景色も、車両も駅も全て好きだったので、早起きして通勤していたのでした。

オークランドの住まいは、誰かが借りてたアパートの一室を又貸ししてもらっていた。
サブレットというやつで、果たしてどんな人がこの部屋に関わっているのか最後まで分からなかったけど全然、怖くなかった。

隣の部屋はゲイのカップルですごくきれいな2人だった。名前は失念。
クミンを油で、フライパンでカリリと炒める音がよく聞こえた、のを思い出した。

どちらかの誕生日のパーティにお邪魔した記憶がある。
僕はストレートだけれど、夜に光るきれいなものはただきれいでした。

僕が住んでいたのはグレン通りという小さな通りで、どの季節もいつも花々でゆれていた。
マグノリアの大木がアパートの目印だった。

ヒヨドリがすごくうるさい時期があって、となりのアパートのおっちゃんが「うぉー」と叫びながら半裸で出てきて、XXXX XX XXX!!と、汚れた言葉とともに石(?)をマグノリアに向かい投げつけたそう。その石(?)はマグノリアにかすりもせず、向いの民家の窓ガラスを割り、「ボールを打ち込んだジャイアンと盆栽好きのカミナリさん」状態になった、とある日曜日の朝。
通りの大騒ぎで、僕は目が覚めた記憶。

しかし、午後にはちゃんと仲直りして、2人で庭の掃除をしていたのを僕は知っている。
思えば、すごくいい界隈だった。

アメリカって基本怖いけど、
こうやって石で済ます人と、それを許す隣人もいる。

ほんとのことを言うと、石でもやっぱり怖いけど、銃よりはいい。
そう前向きに考えて、暮らしていたと思う。

グレン通りは、ピエデモント通りという大通りにつながっている。
商店街が連なるこの通りもすごく好きだった。

ピエデモント通りにはpeet's coffeeもあった。お金ないのに通っていた。
その先にあるスタバじゃなくて、界隈の人はみんなこっちだったから、真似して通った。

peet'sは注文する時に自分の名前を告げるシステム。
で、出来上がると名前で呼ばれる。そして受け取る。
僕は最後まで「junior!」と呼ばれていた。

僕の発音では「純也」が「junior」としか伝わっていなかったからだ。
でも、そのおかげでみんなと仲良くなれた。
「junior」と呼ばれたへんな東洋人が、へらへらとコーヒーを受け取っているのである。
気になるのか、よく声をかけてもらえた。

年齢的には既にいい大人の僕が「junior」と呼ばれることに対するネガティヴネスは、正直感じたけど。
それよりもみんなと知り合いたかったのかな?
その時に注目を浴びるだけ。
でも、僕は勝手に界隈の輪の中に入った気でいた。

外国にいるとか、言葉が分からないことは、気持ちを大きくさせる。
あとは調子に乗らないように、急がないで、丁寧にその町に染み込んでいくように心がける。
これが難しい。次の町ではうまくやりたい。

この通りの端っこに中華料理のお店があった。名前は失念。
中国系の人々による家族経営。お客さんもアジア系の人が多かった。
耳をすまして日本語を探したけど、聞いたことない。

最初、僕にも広東語で話しかけてきたけど、僕が唸ると彼女、英語に切り替えた。
なんというか、ちょっとうれしかった。
広東語で話しかけられたことが、ちょっとうれしかったのです。なんでだろ?

お金持ってなくて、コメが食べたかったので、いつもチャーハンを注文した。
シンシン・フライドライスという名のメニューだった。

たしか、シンシンには「叔父さん」みたいな漢字が充てられていた。
つまり、「叔父さんのチャーハン」だ。これがすこぶる美味かった!
たしか$7.99だったかな?
これでも僕には安くはなかったが、よく通ったよ。

いつもみすぼらしい格好だったからか、いつの日か大盛りで出てくるようになった。
数々の心配事がチャーハンを食べている間は少しだけ、消えた。


さっき、「チャーハンが食べたい」と副社長にリクエストしたので
今日の昼はチャーハンです。


追記:

R0016442.JPG

フクシャチョ・フライドライス
美味しかった。


Admiral Radley - I Heart California