hibi no awaI AM WILLING TO SHARE THESE KINDA BEAUTIFUL DAYS.

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
沖潤子個展@森岡書店 9 years ago
森岡書店で素敵な展示を見てきましたよ。


RIMG0735.JPG

RIMG0741.JPG

---

沖潤子個展 「Poesy」


会期 7月18日(月・祝)ー7月23日(土)
時間 13:00 ー20:00

糸と針による制作を始めてから現在に至るまでを作品集「Poesy」にまとめました。
7月18日より個展開始に合わせて森岡書店にて先行発売いたします。
また、新しいプレゼンテーションで作品の展示・販売をいたします。

作品集「Poesy」
・ハードカバー カラー96ページ /¥2000
・刺繍作品付き50部限定/¥13000(予約販売)

作品集のご予約、お問い合わせは
森岡書店 または 沖潤子 まで お待ちしております。

沖 潤子   mmtukj@nifty.com
blog  http://woky-shoten.cocolog-nifty.com/


(前書きにかえて)

大寺の香の煙はほそくとも、空にのぼりて
あまぐもとなる
あまぐもとなる
ー獅子舞歌


(あとがき)

詩人になりたいと思っていました。
いまもそう思っています。
私の作品の前で涙する方がいました。
はじめてのことでした。
何故 ?
「それが詩というものなんだ
 あなたは詩人になったんだよ」
そう云う人がいました。

針と糸と素材と
そこにあるものが
不覚に無意識の深淵にひびき
想いがあふれる
その瞬間が素の自分だと思います。

歩みを進めることがこわくなっていたとき
ある画集に出会いました。
ーアントニ・タピエスー
この名前を唱えただけで
私の腹には晒が巻かれドスさえ携える
こっちへ行こう
そうはっきり心に命じた瞬間でした。

出会いと別れ。
気づくと私を支えるものがあり
勇気を得ました。
another day another walk
また、歩きはじめる。

・・柳は緑、花は紅
今日も良い日にいたしましょう。


(森岡書店HPより)

---

沖さんの作品は以前、青山のDEE'S HALLで拝見して以来、心を掴まれたままでした。
昨日はご在廊されていた沖さん自身ともお会いできて本当にうれしかったです。

想像していた通り、凛とした女性。
でも、圧倒的な柔軟さとユーモアをも備えた本当に素敵な方でした。


それから。
tabi booksからの初ZINE、「サンフラン志津子」の販売が往来堂に続き、森岡書店でも始まりました!
みなさまよろしくお願いいたします。


RIMG0742.JPG

沖さんの本の横に勝手に陳列しての一枚。