hibi no awaI AM WILLING TO SHARE THESE KINDA BEAUTIFUL DAYS.

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
P W G J 9 years ago
%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG

梅雨の合間に収穫したのでしょうね、和歌山の大石早生が手に入りました。
早速、ジャムに炊きました。

奥の方に並んでいた、まだ真っ赤じゃないやつも選んで一緒に。
「プラムをジャムにする時は完熟がよい」と本に書いてありますけど、それだと仕上がりは普通の美味しいジャムで、それではなんだか面白くないのでまだ少し固くて酸味が強いやつも一緒に炊きました。

今回はしょうがも合わせました。例えばジンジャープラムソースは中華料理ではよく使われる組み合わせ。プラムとしょうが、相性いいんですよ。しょうがは使う量の半分はすりおろして、残りは薄切りにして一緒に炊き合わせました。お寿司のガリみたいになってそれだけでも美味しい。

プラムの種の周りにはペクチンが豊富なので、詰めるとちゃんとそれだけで固まるのですが、今回はライムを絞りました。とろみづけ用ではなくて、穏やかな酸味と甘みを添加するためです。


%E5%86%99%E7%9C%9F-2.JPG


今日、けっこう売れたのであと残り6瓶です。お早めに。
これから色んなプラムが順番に町に出てくるので、時間があったらまた色々炊いてみます。

※無事完売!
ありがとうございました。