hibi no awaI AM WILLING TO SHARE THESE KINDA BEAUTIFUL DAYS.

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
what has progressed? 9 years ago
IMG_2005.JPG


不忍池で毎年この頃に行われる川施餓鬼供養、「とうろう流し」。

去年は、本当にたくさんの水難で亡くなった知らない人々のことを想いながら、NHKの映像を頭に浮かべながら、灯籠が水面に揺れ流れるのを皆で眺めていたのを思い出します。

今年は、池の向こう側にスカイツリーが建ち、ここからの景色は少し明るく賑やかになりました。外国からの観光客も増えたし、去年感じた「心のやり場のなさ」も僕にはほとんどなかった。お祈りはしたけれど、去年とは明らかに違うどこか和やかな、とうろう流し。

やさしい気持ちでお迎えして、お見送りをすることはとても大切。漂う灯籠は素直にきれいだと思ったし、「きれいだね」とその場にいる友達や妻と共有することも大切だと思います。でも、それだけではだめですよね。

僕が去年のとうろう流しで感じていたあの虚無感はでも、それでもどこかで「来年はきっといい年に」という期待も含んでいました。今年、その期待がほとんど叶わなかった事実を僕は忘れてはいけないし、なぜ叶わなかったのかちゃんと考えないといけないと思っています。言い方はよくないけど、あの日の津波で亡くなった多くの人が無駄死とならないように。よい方向に世界が変わるのを、彼の岸から見てもらいたい。僕は適当で忘れやすい人間ですが、今夜感じたこの気持ちは一日でも長く持っていたい。たまにはこんな夜もあります。