hibi no awaI AM WILLING TO SHARE THESE KINDA BEAUTIFUL DAYS.

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
トークショー、楽しかった!ありがとうございます。 8 years ago
12月23日にTABI BOOKSで主催させていただいたトークショー、無事に終了しました。ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

スタートからどたばたしてしまい、お客様にはご迷惑をかけてしまったと思います、本当にすいませんでした。でも僕は「千駄ヶ谷の叔父さん」と並んで話をしていることを心から楽しめました。すいません。聴いてくださってありがとうございます。みんなといれて、僕はとても幸せな時間を持てました。本当にありがとう。


こんなことを言うのはちょっとあれなんですが、昔から憧れていた岡本さんと知り合いになれた時、だから今から1年ちょっと前の話なんですが、僕は調子に乗って「これからはマツジュンって呼んでくださいねー」と軽く言った記憶があります。岡本さんは「僕はアメリカ人みたいなコミュニケーションをとれないから、時間が経って少しずつ仲良くなっていったら、あなたのことをそう呼んでいるでしょう」みたいなことをおっしゃりました。それは至極もっともで真摯な応えであり、同時に自分の浅はかさを恥じました。まぁ、今でも誰に対しても(岡本さんに対しても)そういう感じで軽口をたたくことはあるのですが、あの時の僕は相当高揚していて、明らかに急いだコミュニケーションを求める軽薄さを見抜かれていたのだと思います。(って、岡本さんこれは深読みしすぎでしょうか?笑)

23日のトークショーでは、岡本さんは僕のことをマツジュンと呼んでくださり、僕はその度に密かに喜んでいたのをご来場のみなさんはお気づきだったかもしれません。もう今頃は普通にそう呼んでくださるのですが、それでもうれしいこともあるのですね。岡本さん、これからもご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします、それからくだらない話と下町ごはんにもお付き合いください。

そして、イベント当日に最高に美味しくて西海岸なスイーツを用意してくださったO-kitchenさん、寒い中受付や物販をしてくれた往来堂書店の日比さん、それに準備から当日の設営や運営までほとんどをまかなってくれた旅ベーグルの副社長、本当にありがとうございました。次はもう少しでも段取りよく進むよう努めますので、懲りずにまたお付き合い下さい。


春になったらvol.2を開催予定です。
皆様のご来場、お会いできることを心より楽しみにしています。

TABI BOOKS 松村純也


※僕はずっとテンパっていて、写真は一枚も撮れませんでしたが親友の加藤孝司君が素敵な一枚をプレゼントしてくれました。恋人とツーショットみたいにうれしい。大切にします、ありがとね。