hibi no awaI AM WILLING TO SHARE THESE KINDA BEAUTIFUL DAYS.

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
ワイルドブルーベリーがやってきた。 10 years ago
ご連絡が遅れましたがワイルドブルーベリーのベーグル、再開してます。


うちで使ってるのは、アメリカ・メイン州で採れたもの。
ようやく今期分が確保できまして、こないだ届けてもらいました。


メイン州って、どこか分かりますか?
アメリカ合衆国で、最北東に位置する小さな州です。
頭がカナダに接していて、右手には五大湖が触れています。
夏は辺り一面、水緑色だろうな。
草いきれだって、そこでは透き通るかな?

余談ですが、スティーヴン・キングはメイン州生まれ。
今では故郷の小さな街に戻り、執筆しながら暮らしているそうです。
「スタンド・バイ・ミー」の空気感は、
メイン州の記憶から生まれているのかもしれませんね。


IMG_0115.jpg

メイン州からやってきた、この黒いつぶつぶに。

僕は勝手に想いを乗せて、その自生してる山を想像して、
甘酸っぱい夏を妄想して、谷中でベーグルを焼いています。

楽しい時間ですよ。

ワイルドブルーベリーのベーグル、よろしければお試し下さい。



追記:
高校生の頃、よくみんなでL.L.Beanのメールオーダーをしてました。
アメリカから送られてくるカタログの表紙絵と、背表紙に記載された「FREEPORT, MAINE」という本社のある街のイメージが、ワイルドブルーベリーを介して、ようやくつながった気がします。

その頃買ったトートバッグは今も健在。
イニシャル入りは・・・若気の至りかな?
Now, you can step it over. 10 years ago
大人の視線では、たった8cmの段差。
でも、旅ベーグルに遊びに来るチビ達の目には、大きなワンステップ。


R0014212.JPG


今日、まだおしめで大きなお尻のあいつが
母さんの手を借りないで、初めて独りで入ってきた。


力をためて よいよいしょ
おならがでそう よいよいしょ



開店以来、僕は「踏み越えた」人数を数えている。

にやにやしながら、いつも。
チビ達のしなやかで、圧倒的な成長に驚くのです。



君、こないだまでは虫みたいだったのにね。

春が来て、これから。
どこだって行けるね。

ようこそ。
1人で入ってくる旅ベーグルは
確かな外の世界なんだよ。

いつか、こんな恋もするんだろうな。
君には全然関係ないだろうけど、
ベーグル屋のおっちゃんにも色々、教えてくれよ。

甘いお菓子 甘い時間 10 years ago
森岡さんから展示の案内メールをいただいたので
早速、森岡書店に行って来ましたよ。

morioka1.JPG
---

「un pur... つくりおきでスイーツ展」


期 日:3月1日(月)から3月6日(土)
時 間:13時から20時

フードコーディネーター・料理研究家として活躍する、
飯塚有紀子さんの近著「つくりおきでスイーツ」の出版記念展を開催いたします。会期中は飯塚有紀子さんの手がけるun pur...のお菓子も販売いたします。

「つくりおきでスイーツ」 東京地図出版 1365円
フルーツを使ったお菓子レシピ集。ジャム、コンポート、ピールなどに加工して「つくりおき」が効く形にしたうえで、作ることができるレシピが集められている。簡単に手に入る四季のフルーツを使い、家庭で手軽に作れることが特徴。


※以上、森岡書店HPより抜粋。

---

飯塚有紀子さんも在廊されていて、美味しいお茶とスイーツをいただきながら、かなり盛り上がりました。その場にいらっしゃった方々も素敵で、一緒に楽しい時間を過ごせたし、大満足。


morioka3.JPG

森岡書店という空間
森岡さんという不思議な人
居合わすという偶然でつながること

3月のはじまりが、こんなに甘くてあたたかい。
なんて幸運!

morioka2.JPG

磯じいにキュン。 10 years ago
へび道沿いにある、牛乳屋の磯じいちゃんは色男。

先日、どこで引っこ抜いてきたのか
ふきのとうを握り締めて、お店にやってきた。


ふきのとう.jpg

「これ何か知ってっか?」
「ふきのとう!」
これだけの会話で、女性はちゃんと温かくなるようだ。

磯じい、ちょっとかっこいいぜ。


僕(男)にも、積極的にしゃべりかけてほしいです。
これが都営の心意気 10 years ago
天気がよかったので、午後から上野動物園に行きました。

坂の途中の我が家のベランダからは、上野の杜はよく見え、結構それで満足していました。動物園自体、あまり好きじゃないので、出かけることはありません。けれども、ひとつだけ、ずっと心に引っかかることがありました。


僕はなんと、上野動物園モノレールに乗ったことがなかったのです!


上野動物園は東京都の管理のもと、運営されています。そして、動物園の西園と東園を結ぶモノレールはれっきとした「都営交通機関」なんです。
東京都下のJR、メトロ、都営地下鉄、私鉄各線、都バス、水上バス、都電といった交通機関を経年の乗車体験により、確実に「制覇」(ちょっと恥ずかしい表現)してきた僕ですが、上野動物園モノレールだけはなぜか、後回しにしてました。

「僕と動物園モノレールには、近すぎるが故のつれなさがあった」と言いますか、
「幼なじみの子に彼氏ができて、おめでとうと言ってみるも、ちゃんと素直に喜べない自分のばか!」といった心境に近いものがあった(意味不明?)と思います。

いづれにせよ、このままの関係ではいかん!と意を決して、動物園モノレールに乗車すべく600円払い、入園した次第です。


一応、折角の動物園なので、色んな動物を見ましたが、
僕の心のフォーカスは上野懸垂線、そう、やっぱりモノレールでした。


R0014131.JPG

西園駅→東園駅、90秒の乗車時間。
運賃150円は一見高いのですが、都営の初乗り料金としては最安です。


R0014133.JPG

東京都のエンブレムがかっこいい。
右のステッカー「40-1」は「40型1号車」の意味でしょうか?


R0014137.JPG

チケットを回収してたおっちゃんがそのまま運転席へ。
クールなジャンパー姿に、すぐ後の席の子は釘付けでした。


R0014144.JPG

正面より撮影。流線の40型デザインは秀逸。
都バス・マスコットキャラクター「みんくる」をも彷彿とさせる、都営系お得意の黄緑×赤×白のトリコカラーが人々に安心をあたえますね。

R0014155.JPG

帰る頃にはしのばづの池、眠り始めていましたよ。
外につながる 10 years ago
とある朝、界隈のお客様に「旅べ、雑誌に載ってたよ」と教えていただきました。
直接、取材は受けていないのですが、いつも親子でお遊びに来てくれる彼らが取材を受けた際、紹介してくれていました。
ありがとう。


クーヨン.jpg

クーヨン2.jpg


子供を育てたことがないので、読んだことはありませんでしたが、これを機会にクーヨン3月号を読んでみました。「のびのび子どもが育つ住まい」という特集で、根津の長屋に住む彼らの暮らしぶりが紹介されています。

僕も時々、遊びに行く彼らの長屋。
部屋の真ん中には囲炉裏があり、それを囲んでクリスマスパーティをした賑やかな記憶もあります。家主のけいじ君はなんでも作る人で、この間とうとう、東京のど真ん中に井戸を掘りました。チビ二人も、その環境ですくすく自由に育っています。人と風が通り抜ける、僕にとっても大切な家、家族です。


この界隈特有のことかもしれませんが「ちょっと覗きにきたよ」っていう、この辺のおじちゃん、おばちゃんが何人かいます。
特にべーグルを買う様子もなく、「天気が悪くなるから焼きすぎるな」とか「はぎわら青果で300円のイチゴが売っていたよ」とか話して、じゃあと帰っていきます。

そういうコミュニケーション、僕は楽しく受け入れているし、来て話してくれること、有難いなと感じています。

「べーグルは売れ残っていても、寂しい日は意外とないなぁ」
ここでの日々を思い返して、そう感じます。

円という名のモノがたり 10 years ago
シュロさんの展示、神楽坂で始まりましたよ!

今日は初日。
僕も観たかったので、ベーグル持って、納品がてら遊びに行きました。


R0014120.JPG

R0014116.JPG

姉さんのテキストは素敵。
写真もかっこいいです。


no man's landはようやく、人だらけでした。 10 years ago
南麻布・フランス旧大使館で行われていた「No Man's land」の最終日に行ってきました。


R0014064.JPG

日比谷線・広尾駅下車。緊張しました。
ここは、過去に一度だけ「東京メトロ全駅スタンプラリー」という、マニアックな企画の時に降りてスタンプを押したことがあるだけ(地上には出ていない)の、全く僕には不似合いなハイソな街。
けれども、有閑マダムと外国人しかいないと思っていた地上は意外と雑多で、広尾には生活感溢れる小路も走っていたり、家賃が安ければ住んでみたい(当たり前か)なんだか楽しそうな場所でしたよ。

「No Man's Land」とはその名の通り「誰もいない場所」という意味です。
新庁舎が建ち、誰もいなくなり、解体が決まったフランス大使館旧庁舎の最後を、日仏・総勢70人のアーティストが彩っていました。
解体が決まっていて、展示後に復元をする必要がないのでやりたい放題。
アートあり、ビデオあり、踊りあり、涙ありの超贅沢な文化祭という感じでした。


R0014070.JPG

R0014073.JPG

R0014075.JPG

R0014099.JPG

R0014087.JPG

R0014095.JPG

R0014104.JPG

R0014082.JPG

ワタリウムはいいなぁ。 10 years ago
仕事の後、早足でワタリウム美術館へ。

---

ジョン・ルーリー展 ドローイング 「You Are Here」 at ワタリウム美術館 
→5月16日(日)
東京都渋谷区神宮前3-7-6 最寄り駅は銀座線・外苑前駅

---

団子坂上に住んでいる友や、店主仲間に「すごくいいよ!」と言われていたので覗いてきました。毎週水曜日は21:00まで開館してるから、仕事の後でもよれる、すごく行きやすいミュージアム。


R0014059.JPG

ワタリウムの展示は基本、パスポート制をとっています。
期間中なら、このチケットを見せれば何度でも入れます。(裏に署名が必要。)
僕にとって、この美術館の展示はいつも難解なものなので、この制度はすごく助かります。時間をかけて理解するいいチャンスですよね。

今日も、階を上がるごとに意味わかんなくなってきて、4階の展示はちょっとぶっ飛んでいて、「変な絵がたくさんあったな」ぐらいしか覚えていません。
次回は上階から眺めてみようと思います。


円の縁 10 years ago
お客様各位

平素よりお世話になっております。
このたび、台東区・鳥越神社裏にある「syuro」さんのイヴェントに
旅ベーグルを使っていただけることになりました。ここにご連絡いたします。



R0014058.JPG

---

円という名のモノがたり at 神楽坂フラスコ

2010年2月19日(金)~24日(水)12:00-20:00 (最終日は17:00まで)
東京都新宿区神楽坂6-16

---


僕が愛を込め、「姉さん」と呼んでいる、syuro代表・ウナヤマさんご自身の作品展示です。場所は神楽坂フラスコ。エリアを含めて、とてもいい雰囲気。

今回は円つながりで、旅ベーグルをお繋ぎいただきました。
ご縁に感謝です!


お茶のスペースで、旅ベーグルがお召し上がりいただけます。
噂では、僕も大好きな松が谷・itonowaのロールケーキもメニューにあるそうですよ!食べたい!食べたいですね。


是非、お越し下さい。


takatoshi smells good. 10 years ago
サンタ・マリア・ノヴェッラのカルティネサルヴァラーナ。
早口言葉?
僕は噛み噛みですが、きれいな響きですね。

ほんとにいいのかな、下町の我が家にやってきました。
付属の紙に2、3回スプレーしてクローゼットなどにしまう、衣類用フレグランス。
スパイスと柑橘、ハーブもほんわり香ります。


RIMG4060.JPG

箱、かわいいです。プレゼントにもいいですね。


RIMG4064.jpg

中もかわいいです。


メタボが憧れる、ジャケットを脱いだらすっとセーターから香る、的な。
雨の不夜城(新宿)を走り抜けた金城武に抱きしめられて香る、的な生活を。


R0014056.JPG

ついでに。
先日、へび道・バスパのフリーマーケットにて100円で手に入れた、某芸人仕様の今更ナイスTシャツ(ランニング用)も薫らせて、谷中の町を走り抜けたいと思います。


花びらの甍となりて身にまとう 10 years ago
メタボ対策(too late?)で、最近休みの朝は走っています。
うそです。ほぼ歩いています。


Image4531.jpg

しのばづの池は雪山のような空でしたが
それでも枝先は春の重さ。目を閉じてうつむいていました。

我慢、我慢。
もうすぐなんです。
踊れば? 10 years ago
ネットの、どこぞのポータルで
「ヴァレンタインの告白は古い」という記事があったけど・・・。
それって、ちょっと夢のない発言ですよね。


今年も。
人々は踊らされて、高級チョコレートを買いました。
僕も踊らされて、ヴァレンタイン用ベーグルを焼きました。

でもそれで、いいじゃない。

さぁ、皆で踊れば?

すぐ周りの世界と
明日が少しだけ、楽しくなるはずです。


今年はチョコ3個もらった。
すごくいいヴァレンタインでした。


向井秀徳&椎名林檎 - kimochi
213.214 10 years ago
今年も来ますね、2月14日。


マルコリーニも
サンパカも
フィリップ・ベルもいいけれど。

キャロブベーグル、知ってるか?
もてない男が焼いている
限定ベーグル、知ってるか?



<谷中界隈在住の女子の皆さま、谷中に遊びに来る予定の皆さまへ>


今年も、僕が一番気合を入れる頃がやってきましたね。
昨年(たぶん)好評を博した、ヴァレンタイン限定ベーグルを今年も販売します。


Image451.jpg

今年のベーグルもほぼマクロビオ仕様です(ほんの少しだけお酒使ってます)。
チョコレートの代わりにキャロブ(イナゴ豆)を使用しています。このシシリー島で採れた有機キャロブに、今年はオレンジピールを合わせ、メープルシロップも加えました。

大好きなアイツの健康を気遣う、いじらしいまでの乙女心をのせて。
旅ベーグルを2月14日のイヴェントにおつかいいただければ幸いです。

販売日:2月13日、14日 朝7時の回・昼12時半の回
数量限定ですのでお早めにどうぞ。



※ほんの少しだけラム酒が入っているので、「子供同士の愛のやり取り」にはあまりお勧めしません。美味しいんですけどね。ご了承下さい。

おらが友自慢。 10 years ago
旅ベーグル2周年ということで、ご来店時にお言葉をかけて下さったり、
ブログにコメントしてくださった皆さま、ありがとうございます。


旅ベーグルは何という特徴のない普通の味ですが、(ケチで有名な僕が)素材は意識してちゃんとしたものを使っています。その安心はいつかお店をやめるまで、間違いなく継続する所存です。
どうぞ、これからも宜しくお願いいたします。

それから。
お客様からプレゼント色々、いただきました。
すごく嬉しくて、ほんと嬉しいので、ここで自慢させてください。


R0014036.JPG

めでたい石鹸。やたらでかい。


R0014054.JPG

富士銀行が渋いです。何時のもの? さっそく洗いにかけますね。


RIMG2741.JPG

浅草寺門前の亀十は、界隈の優しいお母さんから。


RIMG2745.jpg

シャレオツな、あのお姉さんはドゥバイヨルのチョコをくださいました。


R0014038.JPG

小エビもやってきたよ。
記念日は焼肉じゃなくて。 10 years ago
今日は2月9日、ニクの日。
そして、旅ベーグルの開店記念日です。

明日から三年目に突入。
相変わらず、楽しい人々とベーグルを囲んでワイワイできればと思います。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

今日はお祝いに、「奮発して二人で焼肉」なんていいかな、とも思いましたが、家では基本ぐうたらしている僕が夕飯をこしらえ、いつもお店を手伝ってくれる(もちろん家事もしてる)副社長を労うことにしました。

ELLEの料理本を慌てて買って、いかにもシャレオツな料理を作ります。
久しぶりのスターシェフ(自称)気分で、僕も満足なんです。


R0014024.JPG

「サダハルアオキ」と「ラ・メゾン・ドュ・ショコラ」のデザートは丸の内で購入。
帝劇通り・甘いものツートップを交互にいただくという超豪華な戯れも、記念日なのでお許し下さい。
このコンビネーションをキャプテン翼でいうならば、(せっかくなので)フランスジュニアユース代表のピエール君とナポレオン君といったところですね。
美味しくて、確信的な仕事ぶりでした。

楽しい友と、美味しいものと、大切なお客様がいてくださいます。
元気に豊かな気持ちで、これからもベーグルを焼いていけそうです。
今後とも、旅ベーグルをご贔屓の程、宜しくお願い申し上げます。


旅ベーグル 店主拝
東京風景ツリー 10 years ago
R0014000.JPG


建設中の東京スカイツリーを同じ場所から撮り続ける人々、みたいに
火曜日の朝は窓を開け、僕も家から上野・秋葉原方面を撮ってみます。

一年間で火曜日は52回、やってくる。
一週間で変わった鳥の数、風向き、くもの形、ひょっとして朝ごはんの匂いも
確認しながら朝街を観察してみる。

その季節その一日の「たてもの」が浮かんで見える気がしませんか?
果たして僕の妄想ですか?


今日は白いプラミッドが、秋葉原と東京駅の間辺りに
我が家の定点カメラから確認されました。

鳥は北北東へ急ぎ、
まだ僕は眠いようです。
青空になれ 古本市 10 years ago
ほんとに、なんでこんな時期に?


Image446.jpg

「羽鳥書店まつり」 -何ゆえ寒風吹き荒ぶ2月に青空古本市!?-

古書ほうろう主催、往来堂書店と駒込大観音・光源寺の協力により青空古本市が開催されるそうです。フライヤーをいただきました。僕も張り切って、この場を使って告知させていただきます。

ところ:団子坂上の光源寺。千駄木駅、本駒込駅、白山駅から歩けます。
とき:2月11日(木)~14日(日)、11時~16時(少雨・小雪決行)
※お買い上げの方に甘酒サービス有り?

今週の天気予報を見ると・・・決して楽観できない状況です。
でも、ここは本の虫達が集まる界隈なんです。吹雪かない限り、決行されるはず(たぶん)。
古書はかなりお求め安い価格設定だそうです。
ちなみに、光源寺から旅べーグルまでは歩いて20分。
週末、谷根千にお越しのお客様には、本駒か白山下車→古本市→旅べーグルという、素敵な「春を探して坂下るコース」をご提案します。梅も見ごろみたい。

どうぞ、晴れますように。

※詳細はこちら
風待ちと発酵待ちは似ている 10 years ago
寒い夜と朝のはざま
酵母が生地を育てるのを、眺めています

何も待つ必要のない東京で
何かを待つことの楽しさ、思い出しています


ただ、眺めているんです
べーグル小屋の中、それを喜んで受け入れる時間があります 




※本文とは関係ないんですが、
タイトルから、こんな曲を思い出したので貼っときます。

すでにメタボ兆候が見られた大学生時代、
ボーカルの彼みたいな「蔓性の男」に憧れていました。
今も、ですけどね。

風待ち-グレイプヴァイン
ハガロック 10 years ago
本棚をごそごそしていたら、懐かしいCDが出てきた。
レモンヘッズの「カー・ボタン・クロス」。
久しぶりに音を出して、久しぶりに旧友を思い浮かべる。


ハガケンジ君(以下ハガケン)は僕の大学時代の友達。
最初に彼に会ったのは、確か寮の食堂。

その絶妙な名前と、入学式前日にもかかわらず、既に漂っていた「やぶれかぶれ感」に惹かれた。ニルヴァーナのカート・コヴァーン(ローリー寺西?)に似た容姿は、ちょっと取っ付き難かったけど、話してみると意外とまじめでいい人。「ここはつまんない田舎町だねー」とお互い田舎者のくせに(ハガケンは長崎出身)話した記憶がある。
僕ら、そういう年頃だった。

彼と僕は、深夜の工場アルバイトを一緒にしていた。
遊ぶお金が欲しかったから、当時はほぼ毎日、テレビの液晶版を作る工場で働いていた。
大学生として迎える、初めてのクリスマスイヴ。
工場内で午前0時を迎え、宇宙服のような防塵服を来たハガケンと「メリークリスマス!」と言い合ったのは、ほろ苦い思い出である。

夜勤バイト明け、ハガケンはそのまま車でパチンコ屋へ行き、モーニングの列に並ぶ。7時間働いて手に入れたお金を、たいてい1時間で失っていた。大雪の朝、夜勤明けの彼は朦朧としていたらしく車でちょっとした崖に落ち、いよいよ車まで失ってしまった。

「いつだって夜勤明けに トラブルは発生する」
ハガケンが後輩に遺した名言である。

ほぼ雀荘と化していた彼の部屋に僕はよく出入りしていた。ニルヴァーナ、パールジャム、スマパン、レモンヘッズなど色々な音楽を教えてもらった。
生き様と風貌そのままに、グランジを愛して止まない長崎人・ハガケン。
彼は酔うと恥ずかしそうにぼそぼそ歌った。全く英語になっていないもごもごした叫びを聴きながら、初めて「オルタナティヴに生きること」に触れた気がする。


大学を卒業して以来、僕らは連絡を取っていないのだけれど
ハガケンはロン毛のまま、元気に楽しく暮らしていると思う。
根拠はないけれど。

どこかで美しく、陰日向に咲いている。
それがハガケンだと、思っている。


Lemonheads - Hospital

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64