hibi no awaI AM WILLING TO SHARE THESE KINDA BEAUTIFUL DAYS.

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
face toward west-southwest! 10 years ago
今日は節分
明日は立春


東京、外を見れば雪がちらついていますが
それも春待ちダンスだと思えば、こころなしか暖かい夜です。


R0013971.JPG

浅草の名店・「すし468」の巻き寿司と焼いた鰯を夕餉とし
二人西南西を睨み、無言でただ、食べ進める。


鬼は外 丸の内 10 years ago
所用で今日も丸の内へ。

折角なので、行ってみたかったBRASSRRIE AUX AMISでランチ。
12時前からお客さんはくるくる回転してて、スタッフは元気で楽しそうだし、ガヤガヤ感が気持ちいい。オザミの料理、もちろん美味しい。


オザミ.JPG

ショップカードもかわいいですね。


丸の内カフェ.JPG

丸の内カフェ前の牛 確かな節分シフトで明日に臨む。


ショパン.JPG

そして、今年の「熱狂の日」音楽祭はショパンだそうです。
プログラム出たら、お目当てのチケットは早めに抑えます。

我が家定点カメラから思っている 10 years ago
雪が積もっていたので、少し興奮して一枚。
パソコン部屋から眺める上野方面は白い、白い!


R0013960.JPG

それでも東京、雪が全然降らなくなりましたね。
「今年の冬は平年よりも少し暖かい模様」って毎年、ニュースで言いますが
平年の気温とは、たぶん「数年間の平均値のこと」だから
平年の気温自体、毎年幾分上昇しているということでしょう。

それで何となく「ああ今年は、いつもより少し暖かいだけか」と本意を捉えずに安心しているおバカな自分がいるという状況。
違うな、実は解ってはいるのだけれど解らないフリをしている、狡猾無能な自分がいます。


「解ったとところで、どうにもできないから」というのは非常にずるいよね。
と、もう溶け始めた谷中1丁目の雪を眺めながら考えています。

何かを実践するのはめんどくさいし、しんどいし、遊べないけれど
解らないフリはもっとダサいし、いい歳してそれはもうナシだなと。


さぁ、果てしなくだらしない僕に なにができるのでしょうか?
親を思い出す子供の映画 10 years ago
毎月1日は映画の日ですよね。
丸の内ルーブルで「かいじゅうたちのいるところ」を観てきました。
自営業の特権、平日の昼過ぎからゆったりと。

スパイクジョーンズが撮ったというだけの予備知識でしたが、楽しめましたよ。
映像がきれいで、カメラっぷりもカッコよくて、おっちゃんでも飽きない100分。
音楽もよかった。YEAH YEAH YEAHS(チャゲアス違うよ)のカレンのピアノ線みたいな声と子供達の声がすごく映像に乗ってました。サントラ買おうかな?


そして、主人公の騒ぎっぷりが「ああ、こんなのあったなー」と共鳴しました。

僕自身は小さい頃、欲しい物を買ってもらえないと大声で泣き騒ぎ、しまいにはひきつけを起こし、呼吸困難になっていたらしいです。
いつか母が笑って話してくれました。


動機はむちゃくちゃでわがままで
行動は思い付きで加減ない

子供時代の心もようを
子供の僕でも、子供ができたら
いつかは理解できるのでしょうか?

たまに破れて、ちゃんと痛感しながら
それでも粘り強く包むような付き合いで

まぁ時には
一緒にくだらない歌をを歌ってやれる親になりたいものです。

そうそう、僕の親みたいにね。
(たまにこれ読んでるみたいだから、一応今日思ったことを書いておきます。正月帰ったら、お年玉下さい。)


where the wild things are
おはよう 10 years ago
R0013930.JPG


家からみる 朝の坂町

夜の先に続いてきた景色 久しぶりに
右手ですくい取っては 見ています

今日も 陽は昇る
目が痛くなるまで 眺めていよう

そんな朝を迎えました


audio safari - 車輪



アンテナショップ考 10 years ago
有楽町の交通会館1Fに入ってる「むらからまちから館」は、
各県のアンテナショップがひしめき合うこの界隈でも、特異な存在。

普通のいわゆる「アンテナショップ」の場合、運営母体は基本、都道府県の観光課などであるが、「むらからまちから館」は全国商工会連合会により運営されている。なので、

1.当然、全国各地から商品は集まってくる。
2.「都道府県のPR目的」を主眼とした商品構成ではない。
3.地方に潜在している商品を顕在化させるための実験的商品構成である。

と、認識している。

つまり、並んでいる商品を見て、「これはどこからやって来た」とすぐにわかる商品が少ないのである。地方の特徴ではなくて、作り手の特徴により吟味された商品構成とも言える。
まぁ、そのことを面白くないと考える人もいると思うけれど、けれどもそれこそが、実際に商いをしている人々によって形成される「商工会運営」の魅力ではないだろうか。

「むらからまちから館」は丸の内・銀座エリアに点在する「アンテナショップ」の補完施設として、または地方における特徴的素材の、さらなる興味深化を求めた場合の最終リンク先として存在する意義があるのではないかと考えている。

だから、僕は「むらからまちから館」をいわゆる「アンテナショップ巡りのスタート」とすることを潔しとしない。そして、ここ(むらまち館)での買い物は「決していいとこどりではないよ」と強く表意したい。何度も言うが、むらからまちから館では、「各都道府県のいわゆる定番を外している」からだ。

時間をかけ、界隈のそれぞれのアンテナショップを吟味して歩き、未だ心に残るもやもやを解消すべく、むらからまちから館で締める一日。これが理想的アンテナショップ巡りとはいえないか。

そして、そのお遍路にも似た一連の行脚的購買活動は、お腹も満たされる自分の趣向探しの旅と言えるし、実はその状況を俯瞰して眺めると、官(都道府県の観光課)・民(商工会連合会)一体の美しいマーケティングミックスとなっているような気がするのだ。



・・・で、何が一番言いたいかというと

Image4371.jpg

ここで買った白えび入りごまふりかけが本当に、旨かった。
やばい。このふりかけは西の横綱。
こんな僕でも、ていねいに暮らしたいんです。 10 years ago
近所の往来堂書店のおねえさんより「松浦さんの本が入るよ」
との情報をいただき、手に入れて来ました。


R0013924.JPG

松浦弥太郎さんは憧れの人。
本書では、いつもどおりの柔らかい物言いで
豊かな暮らしの工夫を教えてくださっています。

一日一項目以上、声に出して読み上げて
二人でちゃんと理解するように心がけています。


「あたらしい あたりまえ。」
松浦弥太郎著 1260円 PHP


※しのばづ通り沿い、千駄木・往来堂書店に売ってますよー。
仕事は終わらない? 10 years ago
YOUTUBEでダフトパンクのライヴ映像を探していたら、
リンクの旅の末、なぜか磯野家に到着。

「Daft PunkのHarder, Better, Faster, Strongerをサザエさんで」

意表をつかれました。この孤高のクリエイティヴィティ!
気付けば「アナゴ待ち」の自分がPCの前に座っていました。
桜新町商店街がこの曲をBGMにしたら、かっこいいですよね。
収録ごっこ。 10 years ago
千駄木の古道具Neglaのアシスタント、K氏(男性)とは収録友達。
先日もテレコを前に、お互いの音源を小出しにし合い、収録ごっこをした。

収録ごっこ。

これは今、界隈では最高にシャレオツな遊びである。
あるテーマに沿って、関連のありそうな音源をWEBから探してきて
どうしようもないグダグダトークにそれらを乗せて、ストーリーを作る。

僕ら気分は、鶴光とか嘉門タツオ的な深夜DJなんです。
これが、収録ごっこ。面白い、お金のかからない大人の(?)遊びです。

そして、出来上がったこの「もらっても、あの、あたしちょっと迷惑な代物」を
わざわざCDに焼いて、大切な友人(!)に差し上げる。
お金のかからない、大人のプレゼントなんです。



今、久しぶりにフリッパーズとか
シーガルとか聞きながら

そのプレゼントするCD用のジャケットをイラレで、本気で製作している。
どうしようもなく、意味のないくだらないことだけど、最高に楽しいんです。

文化祭の準備してる頃に戻ったみたいです。

くだらなくて楽しいを思い出す。それで十分。収録ごっこ。


これ、懐かしい!
これも、懐かしい!
合羽橋を歩く。 10 years ago
店休みの今日、合羽橋まで区バス「めぐりん」で出かけました。


城山.JPG

浅草といえば洋食。
そして西浅草エリアの雄といえば「キッチン城山」。700yenが輝いてるぜ。
deep deep fried style の揚げ物類には賛否がありますが、僕は好き。
カニクリームコロッケはオリジナリティ溢れる城山シェフのスペシャリテです。

店内の有名人の色紙は結構ハードコアな揃えで、「サッカー・アイルランド代表GKシェイ・ギヴン選手」のものもありました。日韓ワールドカップの時に立ち寄ったのかな?東京の数ある観光地の中、「オレ、気分合羽橋だから」という心意気。
あこがれます。


はりまや.JPG

看板出てないんですが、しびれる和菓子屋もあります。
ちょっと歩いて、「はりまや」の名物「天玉(あんこ玉)」をいただきます。


あんこ玉.JPG

あんこ玉二つで50円。手のひら分で100円。すごいな。
かわいいし、おいしいですよ。


itonowa.JPG

itonowaにも立ち寄り、また食べます。
帰り際に、高級みかんをいただきました。渋谷さんはいつも家計を助けてくれる。


rose hips.JPG

ローズヒップかな?1月のモルタルに映えますね。


ume.JPG

帰り道の谷中清水町公園、いい匂いが始まっていました。


言問通り.JPG

なんとない風景ですが
善光寺坂を下っていく車と夕日を見ると安心します。

谷中に住んで、もう6年が経ちます。
場所代 10 years ago
先週末、久しぶりに二人の友達が店に遊びに来てくれた。

そういう時は、ベーグルを作っている時でも副社長がサインを送ってくれる。
なんだなんだと僕はうれしそうに作業を中断して、売り場を眺めてみる。

ああ、こんにちは!
わーあなた、久しぶりです!
ボンジュー!サヴァ?(とは、まだ言ったことないけど)

僕は湯気モクモクの捏ね部屋から、自然と大騒ぎをしてみせて
すると向こうも何だか大騒ぎをしてみせて
なんともお店が賑やかな雰囲気になる。

副社長もうれしそうだ。周りのお客さんもそれを楽しんでいる気がする。


ベーグル小屋の家賃は、僕らには決して安くないが
こういうことがあるから、ケチでも気前よく払っていけてるんじゃないかな。



ここでベーグル焼いてると、友達に会えるんです。
ご贈答のベーグル通販に関しまして 10 years ago
お客様各位

平素よりお世話になっております。
お客様よりご質問がありましたので、ここでお答えしますね。

---

Q.通販で、お届けは友人宅、お金を払うのは私といった方法は可能でしょうか?

A.可能です。贈答用に使っていただけること、とても嬉しく思います。
旅ベーグルのHP内、通販のご案内から御注文下さい。
その際、備考欄には「お届け先」をご記入してください。
ご注文者様には別途郵送にて、ご請求書を送らせていただきます。

尚、ベーグルは常温で送るため「配送日の翌日受け取り」をお願いしています。
サプライズ的なプレゼントには不向きの場合もあります。

お届け先の方には「到着日時」を必ずご連絡下さいますよう、お願いいたします。
(「何か届くから、2時間の間、どうか家から離れないで!」などと伝えていただければ有難いです。)


どうぞ、宜しくお願いいたします。

----

旅ベーグル
(何かありましたら、こちらにもどうぞ。tabi@tabibagel.net)

桜はまだか 10 years ago
仕込みと計量の後、久しぶりに有楽町を抜けて銀座へ。


有楽町.JPG

キラキラの街はいいですね。
空気を吸ってるだけで、上を向いて歩きたい気分になれます。


かまわぬ.JPG

BALSでかまわぬの手拭いを買いました。
これからの季節にぴったりの「裏桜」。
幹側から暗闇に向かって桜の花を見た図案。かっこいい視点ですね。

酔客の声 聞き寄せし裏桜


アパショナート.JPG

帰りに新丸ビルのアパショナートで東京屈指のラテ(と思う)を頂いて帰りました。


さぁ僕はいい気分で週末を迎え、
皆さんを楽しくお迎えできそうです。
nearly equal 10 years ago
店売り分のベーグルを焼き終えた後、おやつ用に苺のタルトを焼いてみます。

今回はマクロビオティックのルールに乗って、
タルト台とカスタードから仕立てました。

Image4341.jpg


バター ≒ なたね油
牛乳  ≒ 豆乳
卵   ≒ 葛 + 寒天
砂糖 ≒ メープルシロップ

左右の素材は「だいたい同じ」で結ばれている。
バターの「代用」になたね油を、という感覚はどこかださいと思ってしまいます。
「バターがお菓子作りのスタンダードですよ」っていう、暗示の外に出る。

バターと卵と牛乳たっぷりのケーキが大好きな僕ですが
マクロビで作った、皆が食べれる素朴で安心なタルトも尊重しています。
ランニングブームなのね。 10 years ago
こないだのブルータス、表紙にぐっときて買いました。


Image4261.jpg


世界の都市の「走りどころ特集」が良かったです。
とりわけ、サンフランシスコ!
(僕の苦手な)坂道上ったり下ったりじゃなくて、海沿いをGGBを眺めながら走るコースが紹介されてました。春先なんて、潮風なんて、気持ちいいんだろうな。
途中、GGPの日本庭園で花見をしてみるとか。想像しただけで夢心地です。


「旅先では、オレまず走るんだぜ」って
相当シャレオツな男の発言じゃないですか?

このように僕は間違いなく形から入ってるけど、それは一番近くで土地を感じれることでもあるはず。朝のパン屋のにおいとか、雑踏とか、知らない言葉とか、ゆっくりと走りながら時差ボケの頭には街のことぐんぐん入ってくるでしょう。

旅に出れぬ今は、谷中の善光寺坂でメタボ解消に励むことにします。
ここだってまだ、知らないことたくさんなのです。

いつか はしるよしらぬまち。
いつかは しるよしらぬまち。
初森岡! 10 years ago
今日ようやく行けました、日本橋茅場町の森岡書店。

R0013846.JPG

R0013848.JPG

亀島川にかかる、れいがん橋のたもと。クラシカルなビルの3階。

お酒抜きの状況ではじめて、森岡さんと話をして
この人も「良い加減な人だな」と思いました。
幸運なことに、こういう素敵な人が僕の周りには多くいてくれてます。


R0013853.JPG

淡々まじめに けれども張り詰めた糸みたいにならぬようちゃんと意識して
微妙なテンション(そのあそびが程よくて居心地よかったです)を作る。
かっこいい空間だけどふと人間くさくて、それが森岡書店の魅力なのかも。


そして、彼がたまに見せる
悪魔のような笑顔も魅力です。



森岡書店

東京都中央区日本橋茅場町2-17-13
第2井上ビル305号
冬だまりにも止らない。 10 years ago
Image4291.jpg

ほんの少しの角度から
差し込む冬陽を しばらく喜んで浴びてみたら。

さぁ街に出よう。

回れよ僕らは、いつまでも若くはないよ。
道を行くものに連れられて、誰かを探してみようか?

夕焼けだんだんの上 10 years ago
谷中松野屋のプレオープンにお邪魔してきました。
日本橋馬喰町で荒物雑貨などの問屋をされている松野屋さん。
このたび「夕焼けだんだん(谷中銀座の端っこにあるちょろっとした階段)の上」にて小売のお店を始められました。

「谷中松野屋」

月・火曜定休(祝日は営業)
12時~19時
東京都荒川区西日暮里3-14-14
電話 03-3823-7441

R0013839.JPG

お酒の席でも、まじめな話でも
松野屋ファミリーには懇意にしていただいています。
今回もレセプション用に旅ベーグルを御注文していただきました。
いつもありがとうです。


R0013845.JPG

JR日暮里駅から御殿坂を昇り切って、ちょっと先。
谷中銀座を見下ろす気持ちいい場所にありますよ。


立地と商品とスタッフの皆さんのバランスがすごく素敵です。
そこに遊びに行くと、誰か知っている人に会えるような気もするんです。


追記:
今日、レセプションで話をした方が「このあたりの店主、お店の場所をお客さんに伝えるのに夕焼けだんだんの上とか、へび道のぐねぐねの終わりあたりとか、さんさき坂の中腹左手とか、地元の人しか分かんない言い方で平気で言うよね」とおっしゃっていました。なるほど。
でも、「その感じがいいんだよね」とも。なるほど、何だかうれしかったです。

谷根千は路地路地で形成されているけど、景色と匂いを楽しみながら、坂の名を覚えながら、大通りとの距離感を想像しながら歩くと、意外と覚えやすいかもしれません。
guén 10 years ago
正月、MIMOCAで手に入れた、猪熊先生のファブリック。
切るのもったいないから折り目つけて、わっか作って、店入り口のカーテンに仕立てました。


R0013814.JPG


僕がまず、思い浮かべる猪熊先生は
少しくたっとしたシャツをきた優しそうなおじいちゃんのポートレート、ですが
強い目、芯のある佇まいも見受けられて、かっこいい人でもあります。

長い間、愛用している月光荘のスケッチブックの表紙裏とか
長い間、利用しているJR上野駅の中央改札上の壁画とか
よくよく思えば、以外と近くにいてくれてたのかもしれません。
その距離感は程よくて、これからも思い出しては見ていたい、不思議な人!

香川の人は、もっとMIMOCAとか訪れたらいいのに。
讃岐は小国なれど、直島のある瀬戸内海と山とアートで囲まれている。
甘し美しい土地だと思います。
lucky 7th! 10 years ago
ななくさ.jpg

今日の弁当は七草がゆと玉子焼き。
今朝炊いてきてくれた餅入りおかゆを土鍋で温め戻して
七草をざくざく刻んで入れて、出来上がり。


R0013810.JPG

ゆっくりとした流れの一日だったので、お年始に来てくれたあの人この人にも店内のスツールに腰掛けて、召し上がってもらいました。

一年の無病息災を考えながら
皆、どこか神妙な面持ちで咀嚼する機会があること
全てが速く進められがちなこんな時代には、大事ですよね。


夜は、千駄木2丁目のネグラ集会所にて「ガレットデロワ」を楽しみました。
フランスではキリスト教の公現祭にあたる1月6日に行われるのですが、ここは日本。ちょっとした時差?もありでしょう、ということで本日1月7日にアーモンドクリームしっかりのガレット切り分けて、皆で「年の初めの運試し」をしてみました。


R0013815.JPG

日本橋三越のエルメで予約しておいた、ガレットデロワ。正月だもの、大奮発。


R0013824.JPG

見事、マカロン型のフェーヴを引き当てた古道具屋店主は、帰るまで喜んで、紙の王冠をかぶっていましたよ。


R0013834.JPG

来年は 王様になれますように。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64