hibi no awaI AM WILLING TO SHARE THESE KINDA BEAUTIFUL DAYS.

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
いつもあるそれ、シルヴプレ! 9 years ago
今更ながら、VIRONが近くにあることがうれしい。
東京、美味しいバゲットは多いのですが、ここのが一番いいんです。

すかしたスカスカ感も
レトロドールらしい表面ガリモチ感も
ちょっと素っ気ない、確かな接客もいいなぁ。憧れるなぁ。

ですから今日も、我が家から10分
まるで遠い街に出かける気持ちで、でも軽く地下鉄に乗るのでした。



R0013370.JPG

冬の寒い日のパリ行きは、ことさらに暖かいぜ。
いつだって早く帰って、食べたいんだぜ。
雨日、きのこが踊るのを眺めて 9 years ago
東京、冬将軍は冷雨とともに突然やってきたようです。

こんな日は、ベーグルはゆっくりと売れてゆくから、合わせてゆっくりと焼いていきます。売り上げは期待できないけど、いつもと違うスピードで捏ね上げてみたり、発酵の間、素材の新しい組み合わせを考えたり、せっかくなので「時間があること」を楽しんでみます。
雨降りの木曜日、悪くないです。お客様とゆったり話もできるしね。


R0013360.JPG

寒い雨の中、ご来店ありがとうございました。
2月まで、東京は寒くなり続けますがどうぞ、元気にお付き合い下さい。


帰り道、千駄木の台所「はぎわら青果」にて、平茸・たもぎ茸・しめじ・舞茸の4種きのこを購入しました。最近この店、きのこ祭り。明日も行きたい、きのこ祭り。
今夜は大量きのこ鍋に仕立てていただきました。食べても食べても、おかわりきのこがまだたくさんあるのは、幸せですよね。


R0013363.JPG

善光寺名物・根元八幡屋磯五郎の七味は、最初パッケージ買い(ブリキ姿がかっこいい)でしたが味も素晴らしく、我が家の常備スパイスに。赤札堂で売ってるよ。これを京都姉小路・八百三の柚味噌と組み合わせたら、最強の鍋友。止らなくてやばいんです。飲めないくせに「日本酒、欲しいよね」とか言ってみたくなるんです。東京だと、高島屋本店で買えますよ。
掟かよ。 9 years ago
マイコー熱が冷めやらぬ夜をしばらく、過ごしています。

youtubeで、MJの動画を追いかけ続け、関連動画→関連動画→関連動画のひたすらリンクで気がつけば何故か「ロマンポルシェのライヴ映像」にたどり着いたほどの追っかけぶり。(関連性は掟ポルシェ氏の白い服だけじゃないのか?)

僕自身、ちょっと過フィーバー気味なので少し回転を遅めに、俊彦田原のステップで今日のyoutubeの旅を締めくくろう。

明日はぐっと気温が下がります。町歩きは暖かくして、旅ベーグルにもお立ち寄りいただければと思います。



マイコー.JPG

見かねた副社長はアマゾンでムーンウォーカーのDVDとLIFE誌特別編集の追悼写真集を買ってくれました。優しいなぁ。
冬隣り木草花いざ整えん 9 years ago
ネグラさんのブログで紹介されていた展示を観に、横浜まで出かけました。

横浜駅からは京急で少し。南太田駅で降りたら、川を目指して歩きます。展示の会場である「手音(ておん)」はその水のそば、桜並木と斜め向こうの首都高の流光に囲まれるようにありました。いい響きの名前ですね。ものづくりの音から温度を感じる。手仕事は音階を作るように広がる。そんなことを想像しました。


手音.JPG

「写真と植物 kikusa展」

神奈川県横浜市南区山王町 5-38, -teon- 手音 にて
tel.045-306-7132

丸く、温かい展示でしたよ。力を加えず、ニュアンスを与える感じが素敵でした。
皆さんにも行ってもらいたいのです。明日(12/2)までの会期なので、取り急ぎブログにあげておきました。
詳細はこちらをご覧いただければと思います。

継続する人たち 9 years ago
お店でごそごそ準備をした後、ふらりと東京駅へ。
かなり気が早いのですが、年末帰省のJR特急券を押さえました。一安心です。

ちょうど今日から、丸の内北口地下・動輪の広場(喫煙モクモクコーナー隣り)にて、秦野市にある福祉施設・弘済学園「わたしたちが創る展(~12/4)」が開催されていたので覗いてみました。


弘済学園.jpg

知的障害・自閉症の園生の方々による作品はその場で買うことができます。
タイルアート、クリスマスリース、彫刻の入った木箱など、本当に丁寧に作られていて驚きました。色の組み合わせやモチーフの構図などから、素直な感性が伝わってきます。


R0013350.JPG

蛸のタイル画を買いました。きれいな配色。鍋敷きにもなるそうです。

ちなみに弘済学園のイヴェントは毎年、東京駅で行われているそうで、舘ひろし氏がオープニングセレモニーに毎年、参加しているとのこと。(僕は広島に住んでいたころ、「パセーラにひろしが来る!」という情報を仕入れ、備北バスで駆けつけた経験があるプチフリーク。)
今日は東京駅にて、数時間前までいたはずのひろしの残り香をなんとなく感じつつ、「彼は色々いじられてるけど結局、すごくいい人なんだよな」と、彼の偉大さを再確認しました。

---

俳優の舘ひろしさんは、「ものづくり」という人生の同一グラウンドから対等な立場で温かいご支援をくださります。舘さんの存在は、その深い教養と広い視野に裏付けられたアドバイスとともに、いまや展示会にとって欠くことのできない「象徴」となっています。 
(わたしたちが創る展・園長あいさつより抜粋)

---


ヒロシ・タチは、敬愛しているジャック・タチと同じように、素顔はシャイでまじめな、僕の人生の伯父さん。久しぶりに彼への気持ちが高まってる間に、ツタヤまで「あぶ刑事」を借りに行こうと思います。

冬のギフト 9 years ago
R0013343.JPG

長屋のさわださんから、大層立派な生姜をいただきました。
甘く煮詰めて、ジンジャーシロップに仕立てる予定です。
今年は、副社長が花梨をすでに浸けているのでこれで2本目。
なんかつの翼・岬のように、我が家の今冬ツートップとなるでしょう。ありがとう!

伊藤園から、俳句茶が届きました。
今年はペットボトル仕様になっていました。箱で送っていただいたので、実家にもいくつか送りつけ、兄弟に自慢しようと思います。伊藤園さん、ありがとう!
投句は伊藤園HPからネットで簡単にできます。思いついた想像(妄想?)をその時に、パチパチと伝えられるウェブ媒体は素晴らしい科学。おーいお茶の場合、最終的にはペットボトルに印刷出力されるという「アナログ仕舞い」もすごくいいなと思います。

よく友人にtwitterを勧められますが、僕には仕組みが速すぎて、近すぎて、できません。面白い言葉も転がってるだろうけど、追いかけたらきりないし、性格上、仕事に手がつかなくなるでしょう。今ぐらいのハイテク感と顕示感が、するするちょうど良い。

パソコンは大好きだけど、今、目の前にあるものもよく観察する冬を
何事もほどほどに中道に、平和にジンジャエールを飲みながら妄想する冬を
暖かい場所で過ごせたらよいな、と思います。
the king of pop 9 years ago
「THIS IS IT」、二回目を観て来ました。

やっぱりhuman natureがしびれました。
臨場感がすごくて、気持ち入ってる。

同じところで泣けてしまうのは
解っていても、ぐっと来てしまうのは
彼が王様だからでしょう。謙虚で手抜きのない王様です。


そんな彼が作品後半で発する「地球を癒そう」という抽象的で曖昧で、きれいごとが見え隠れするようなメッセージも、彼の口から出るとこっちもPOPに軽く受け取る(受け取ったような気になる)ことができる気がします。

「そのぐらいの感覚で解った気でいて、本当にいいのかな。」
「マイケルのメッセージの深度はどのくらいかな。」
などと、あまり考える必要もないなと僕は思っています。
深く考えず、自分の中に残るあいだ、そのメッセージをぼんやり覚えておこう。


「地球を癒そう」なんてお金持ちがいうと、僕は色々思案して気持ち悪くなってしまうのですが、MJが言ってもそこに嫌悪感を持たないのはなぜでしょうね。

つきぬけちゃったからかな?


想うほどに、不思議な人。
すばらしいライヴをありがとう!

12月11日、日光で会いましょう。 9 years ago
R0013328.JPG

お客様各位

平素よりお世話になっています。
きたる12月11日(金)、日光・今市にある「日光珈琲」の片隅をお借りして、一日限りのベーグル販売を行います。
12月8日(火)~12月13日(日)まで、いつも旅ベーグルを贔屓にしていただいている根津の「caikot*」さんが日光珈琲にて「ふゆのえんそく」というイヴェントを催すのに際して、ちょろっと便乗させていたただきます。

----

「ふゆのえんそく、旅ベーグルも連れてって」

ところ:栃木県日光市今市754「日光珈琲・ 饗茶庵
日時:12月11日(金)11時半より(売切れ仕舞いとなります。)

販売当日の朝、谷中で焼き上げたベーグルを持って電車で行きますので、たくさんのベーグルはご用意できないと思います。ご了承下さい。
日光、新しい空気、お互いの言葉、冬時間。
皆様と共有できることを楽しみにしています。

----

※そして、caikotさんのイヴェント最終日(日曜)夕方には、おいしいごはんと音楽のパーティがあるようですよ。どうぞこちらも楽しんでください。
mj 9 years ago
ヒルズ的な場所にある映画館で、観て来ましたよ「THIS IS IT」。

素晴らしすぎて気持ちいい。
マイコー、まだ踊ってます。
明日また観に行きます。

彼はmj。
僕のイニシャルはmj。
みうらじゅんもmj。

素晴らしい名前をつけてくれた親に感謝。
youtubeで「ビリージーン」観ながら、一踊りして眠ります。


ho!
ゆっくりと京都の旅 9 years ago
11月22日は、いい夫婦の日でしたね。
その数日前に二人で京都にでかけました。

去年、結婚式を挙げた上賀茂神社まで。
とりあえず一年間、無事に結婚生活を送れたお礼参りです。

今回はぷらっとこだまの旅にしました。時間はかかるけど相当安いです。
新富士や岐阜羽島など「渋駅」で700系のぞみにがんがん抜かれたこだま号ですが、のぞみ通過待ちの間にご当地弁当をホームで買えたりできますよ。停車時間を時刻表で確認の上、ホームに飛び出してみよう。


予習.JPG

予習時間もたっぷり。


舞妓.JPG

ツンデレぶりがいじらしい娘は京都駅にいました。

石鹸屋.JPG

シャレオツな石鹸屋。
場所はよく覚えていません。通りがいい匂い。


イノダ.JPG

とりあえず京都なので、イノコーで一杯いただく。


青不動.JPG

知恩院北側・青蓮院門跡へ。
平安創建以来初めて!のご開帳となる「青不動」を拝観です。
国宝中の国宝と言われる青不動、やばかった。京都に行かれる方は是非。


竹林.JPG

庭のライトアップは微妙でしたが、竹林はぞわぞわしました。


上賀茂神社.JPG

二日目、早起きして上賀茂神社へ。


神馬もち.JPG

門前にて、朝ごはんに神馬もちをいただきます。朝7時開店は好きな心がけ。


おみくじ.JPG

神馬おみくじは上賀茂さん限定。


参道.JPG

水のある参道の清々さは何百年も続いています。


紅葉1.JPG

紅葉2.JPG

今年もここに来れて良かったな。


上賀茂神社→今宮神社へ。
ここは平安時代、疫病沈静のために創建されたお社です。新型インフルエンザにかからぬようお願いしたら、餅スポットへ向かいます。


あぶりもち.JPG

東門を出てすぐある茶屋であぶり餅を堪能。これいくらでも入りますよ。


休憩.JPG

素敵な夫婦も休憩中。


おみやげ.JPG

おみやげ(自家消費用)も忘れずに購入。京都は餅パラダイスですが、そのなかでもベスト5に入ると思われる美味しさでした。


市中へ戻り、記念日ですから奮発して美味しい昼食を。


さくらだ.JPG

予約しておいた「桜田」は匂天神町という、ほわーとなる響きの町にひっそりとありました。一皿目、秋味の散りばめ具合で早速やられましたよ。仲居さんのお料理の説明も丁寧で勉強になります。時々現れる女将さんのトークもまたよろし。
東京の味も好きですが、京料理は味の組み立て方が違うのが面白いですよね。最後の一皿まで気持ちよく、いただけました。頑張って働いて、来年は夜に来てみたいものです。

散歩がてら、錦市場の有次へ。


錦市場.JPG

有次.JPG

金色の茶さじを購入しました。名入れはサービスでしていただけます。


こだま.JPG

帰りもこだまの旅。
よく話しました。眠って起きて、思い出して、また同じ話。
たまには、ゆっくりと移動するのもいいものですね。



いい旅でしたね。
これからもゆっくり、いきましょう。
とりあえず一年間、宜しくお願いします。





糸の輪を作れば 10 years ago
11月2日で開店一周年を迎えました、合羽橋・itonowaまでお祝いに。

僕からのどうしようもない、いやげものを喜んで受け取っていただきました。家宝にしてください。白い店にキナリの二人はかわいらしいのです(年上?でもかわいらしい)。

美味しいコーヒーと、帰り際に名物「糸のスコーン(勝手に命名)」を持たせてもらい、超ご満悦で帰りました。


スコーン.JPG

ふわふわ系では、東都随一!大変おいし。ありがとうございました。
プロパック帰りにはまた、遊びに伺います。おめでとう!
pay it forward 10 years ago
昨日、ここいらでお店をしている仲間達との酒席で
「君ら、40人ぐらいの地元のおばあちゃんの孫みたいだ」と言われました。
はははと流しましたが、それはなんと嬉しかったことでしょうか。

この町のみんなにお世話になっていることが幸福だし、何だかすごい自慢。
いつか僕も、40人の地元の子供達のおっちゃんになれればいい。

さっと与えられた心遣いを
無意識に与えているような大人

くだらないことにも俄然強欲な僕には、このこと相当難しい。
そう考えているうちは無理だけど、そうなれたら楽しい大人だなと思います。


おい、ベーグル屋。
損得勘定、たまには忘れろよ。
粋がって、あいつら世話してやれよ。

これじゃやばいなと時々、ちゃんと思い直しながら
少しづつ、そんな古典的な江戸っ子になれるように。


R0013132.JPG

例えば先週末、柿を合せて14個もらったという穏やかな日々があるなら。
いつだって力抜いて次の誰かに渡せる、かっこいい大人になろうぜ。
では、美味しいアサリを手に入れよう。 10 years ago
お客様各位

平素よりお世話になっています。
今週末はひさしぶりにフムスをご用意します。

フムスはヒヨコマメをニンニクと一緒に炊いたものを、レモンの絞り汁、ごまペースト、オリーヴオイルと一緒にクイジナートしたもの。当店ではスパイスのベーグル・デュカにつけていただくほか、蒸し野菜などに添えてお召し上がりになるのをお勧めしています。

雨中寒日には、トーストしてスパイスが立ったベーグルにフムスを添えて暖かくなりましょう。そこに熱々のクラムチャウダーなんかあったら・・・最高ですね。

我ながら、すごくいいなぁこれ!と思いました。
明日、デュカを二つばかりくすねて、我が家の献立にしてもらおうかな。


よろしければ、お試し下さい。



R0013116.JPG

雨の11月はじっと、布団の中で過ごす。
夢の話を何度も読み直しながら、僕は町を泳ぐ。そのうち疲れて眠るのでした。





スーツ姿のいい男 10 years ago
旅のコラムリレーがまわってきましたので、書かせていただきました。
相変わらずのグダ文ですが、よろしければご高覧下さい。


EUROLINE


あれからもう、半年かぁ。
また、ふらりと出かけたいもの。




paris, paris, paris!

酉の市 10 years ago
仕事の後、亀戸行きの都バスでお酉さまに。
言問通りat国際通りで降りて、北へ少々歩きます。


otirisama2.JPG

グリさんも行ったみたいですね、一の酉。
よし田なんですね。そういえばC.A.G.には上品な熊手が飾ってありました。

お酉さまの熊手は年々、大きく(高価に)していくのがかっこいいとされています。
ということで、踏ん切りのつかない僕は今年も長国寺(鷲神社のとなりにある、お寺のお酉さま)の最もシンプルな熊手にしました。きっと、ずっとこれでしょうね。


otorisama.JPG

社長の大熊手とは関係のない僕も、関係者風に輪に入り、頭を垂れる酉の市。
手締め便乗で商売繁盛のご利益を拝借。縁起だもの、おすそ分けして酉の市。

本年二の酉は11月24日です。
昨日行けなかった人は、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか?


ちなみに。
お酉さまで、三の酉まである年が時々やってくるのですが、三の酉の年だけ長国寺では「火除けお守り」が授与されます(昔より三の酉まである年は火事が多いとされているため)。
数年に一度しか手に入れられない「火除けお守り(通称・纏いのお守り)」は浅草寺・四万六千日のほおずき市(年に二日)の時にだけ授与される「雷除けお守り」よりも入手が困難とされるレアお守り。次に三の酉がある年には、手に入れたいものです。
いちじくとブルーチーズのベーグル 10 years ago
小学生の頃、友達にスネオみたいなライフスタイルの子(以下スネオ)がいました。そのスネオが当時流行していた「お誕生日会」を催し、彼らしく相当数の女子を呼ぶというのであまり仲良くなかった僕でしたが、ちょっと強引に「お誕生日会」に参加したのでした。

パーティ会場で僕が夢中になったのは座る場所や着飾った女子への微妙なアピールではなく、スネオママ(以下スネマ)の用意した、なんか黒いゴムみたいなものと辛いチーズの混ざった食べ物でした。これが「いちじく&ブルーチーズ」と僕との出会い。これを小学生の誕生日会に出すスネマのハイセンス!
スネマのさらにすごいところは、小学生相手にこれを棒状にカットしたニンジンやキュウリにつけて食べるよう義務付けたこと。「生野菜につけないなら君ら食べるな」的な態度でしたので、ほとんどの友はスネマの意図と思いを理解できず、庭にあるパターゴルフ場へ向かっていました、息子のスネオまでも!
僕はと言えば、まるで野に放たれたウサギのようにダブル生野菜スティック、つまり両手で食べ続けていました。それは新しい感覚でした。

辛いんだけど、止まらない。あとからぐんと、複雑な甘さがやっぱり止まらない。
生野菜は得意じゃないけど、こうすれば美味しく食べられる。大人な感じがする。
こんな美味しさもあるんだねと、味体験は今も舌の奥に残っている気がします。


閑話休題。

以来好きになった「いちじくとブルーチーズ」の組み合わせでベーグルを時々、焼いています。

いちじくはブラックミッション種(アメリカ産)とスミルナ種(トルコ産)を刻み、合わせて、生地に混ぜ込んでいます。肉厚な黒いちじくと、柔らかくスムーズな白いちじくの組み合わせで食感の楽しさも2倍。

ブルーチーズはイタリア・ロンバルディア州産のゴルゴンゾーラ。有機飼料で育てられた牛のお乳から作られるここのチーズは「ドルチェ(甘い方)」に属します。「ピカンテ(辛い方)」みたいにパンチはありませんが、滑らかなカビ具合はベーグル生地にはよく合うと思うし、いわゆるブルーチーズがダメな人でも、意外とすいすい食べれます。まさにドルチェですね。
これを常温でゆるくしといて、分割後のいちじく生地にバターを延ばすように塗っていきます。

成型して、発酵させて、ケトリングして、焼きます。
オーブンの中でいい具合に膨らみ、隙間からブルーチーズの匂いがしてきたらやばいです。

いちじくブルーチーズ.JPG


ついつい試食の回数が多目になってしまうこのベーグル
あまり頻繁には焼けませんが、店頭で見かけたらどうぞご賞味くださいませ。

見た目地味だけど、美味しいよ。



追記:

ちなみに「お誕生日会」、スネオへのプレゼントは海援隊(武田鉄也ね)のテープをダビングしたもので、今考えても相当クールな贈り物だったはずですが、彼にはその良さが分からなかったらしく困った顔をしていた記憶があります。

あの頃のみんな、元気かな?
このベーグル、スネマに食べてもらいたい。
台東区を自転車で巡ってみる。 10 years ago
明日から雨みたいで、もったいないから、自転車に乗って台東区を巡ります。


tokyobike.JPG

晴れた日しか乗らない、東京バイクを引っ張り出して出発。
意外と走り屋・高橋さんはギアを交換したみたいですが、常にロウロウで走る僕にはこのままで十分。のらりくらりとエドムラサキ号は言問通りを浅草方面へ走ります。


言問朝.JPG

谷中→鶯谷。ノーブレーキで下る勇気なし。


根岸本屋.JPG

根岸界隈も大通りじゃないところを選んで走ります。


恵比寿湯.JPG

恵比寿湯、辺りはマンション


何が乗る?.JPG

横にはリヤカー


日本堤、清川あたりを走ると色々な人々とすれ違います。
今日はいい天気でよかったな。暖かい季節を迎えられるとほんとによいな。


バッハ.JPG

折角なのでバッハでコーヒーをいただきました。
相変わらずのピシリとした接客に緊張します。コーヒーやたらおいし。
店内の料理雑誌に載ってた、ハンガリー風ロールキャベツに惹かれる。
クリスマスなどに良さそう。レジより強い視線感じつつ、レシピを必死にめもる。


パンダ.JPG

右手を頭に乗せたパンダはオットセイを想う。晩秋ですね。


浅草kids.JPG

浅草kidsは隅田川を眺めつつ、夜な夜な悪さをします。


river.JPG

スミダリヴァーと首都高のキラキラ


花川戸→待乳山聖天(まつちやましょうでん)へ向かいます。
海抜9.5mの小丘陵に鎮座まします尊天さまは、池波正太郎の生家のすぐそばということでも有名です。山号は別に「金龍山」と称し、つまり浅草寺と同じ。たぶん別院かな?


daikon.JPG

大根がシンボル。夫婦円満、一家和合のしるしですね。


daikon2.JPG

大根は人間の迷心の毒を表すということ。社務所でリアル大根を購入し(200円)、それをお供えしてお参りします。前日お供えされた大根は帰り際にお気持ちを納め、いただいて帰れます。

si.JPG

山茶花と銀杏で、境内は蝋燭のよう。

おみやげ.JPG

社務所で手に入れた小さな茶碗(300円)。違い大根はいいデザイン。
散歩は続くよどこまでも。 10 years ago
11月の谷中霊園、朝の散歩です。

台東区指定の、我が家の緊急避難所はここ。(私的)都内3大霊園の一つが近くにあること、不謹慎ながらちょっと自慢です。他のふたつ、青山霊園は場所柄スノッブだし、雑司が谷霊園は夏やたらと蚊が多いので、谷中霊園は東京では一番フレンドリーで親しみやすい大霊園と言えるのではないでしょうか。桜もきれいだしね。

数々の著名人が眠る谷中霊園。徳川慶喜や渋沢栄一、牧野富太郎先生もいらっしゃいます。また、この地にはロシア正教を日本に伝えた聖ニコライも眠っています。歴史的、宗教的なことは全く分かりませんが、興味深い事実の積み重ねがぐるぐるになって、僕の暮らしととなり合わせで共存していること。不思議で、なんだかここでの生活に「頼もしさのようなもの」をも感じてしまいます。色々な時代、それぞれの信念を持って行動してきた故人達になんだか守られているような感覚です。


yanakareien.JPG

不謹慎ながら、朝日光が美しかったので一枚(でも逆光)。
遠く近くからすいと、線香のにおいです。朝のお勤め、ご苦労様です。


高架.JPG

谷中霊園を抜けて、日暮里の高架橋へ。
上野駅の高架橋からの眺めもいいんですが、こちらも捨てがたいです。
京成線も見れるし、新幹線もいい具合に加速していて見飽きない。
隣にいた一人の鉄っちゃんと知り合い、話しました。


じいちゃん.JPG

鉄っちゃんと言うには恐れ多い、しゃんとしたおじいちゃん。
荒川生まれ、日暮里育ちのバキバキのローコー。江戸言葉かっこいい。

「実はよ、特急なんて言ってっけどよ、スーパーひたちは日暮里付近ではノロノロだよ。もたついているあいだに、(京浜)東北に追い抜かれちまうよ(←快速のことだと思う)。兄ちゃん、それ撮りなよ。それから、新幹線だって日暮里付近ではノロノロだよ。兄ちゃんのカメラさぁ・・・」 

止まらないおじいちゃんトーク。素敵でした。
「HPC」というワッペンのついた渋いジャンパーを着ていたので、聞けば日本ハッセルブラッドフォトクラブ会長も歴任していたおじいちゃん。世界に一台だけの八ッセル持って、日本中を飛び回ったよと昔話。今でも、カメラ小僧の眼差しで高架橋から線路の続き見つめています。

散歩は何かに触れることのできる、かけがえのないもの。
いつでも当たり前のようにできる、かけがえのないものですね。


谷中霊園抜けたらまた、会えるかな?

コンラン、コレット、目じゃないぜ。 10 years ago
R0012968.JPG

根津が誇る日用品店・あんぱちや

どの季節でも、店主のセレクトはここでの生活にすっと寄り添うのです。
大げさじゃなくて、あれないかな?と探して、なかったことないってすごい。
肥料もゴザも、鍋敷きも縄跳びもある。

界隈にこういう立派でまっとうな商店が多くて、住んでる人も、すすんでこういう店を利用するから、この辺りにコンビ二はあまりできないんじゃないかな。

今宵も吸い込まれる。
ここはいい町だな。
洗剤買ってかえろかな。
クマのように優しい 10 years ago
仕事の後、家で一休みしてからするする日比谷線で、恵比寿まで。
楽しみにしていた新作展示会のDMが届き、今日ようやく伺う事ができました。

1年ぶりにお会いして、話をして、この人はすごくいいなぁと再認識です。
誰かにこういう感覚を持てることが嬉しいし、それだよなぁと、感動しました。

ちょっと苦手な西東京・恵比寿、しかもシャレオツなリムアートでも
そこに安心な空間があれば喜んで行きます。
そこに安心な人がいればさらなり。

古川さん、10周年おめでとうございます。
また、谷中にも遊びに来て下さい。


それから、12月のはじめにも面白そうな展示があるようです。
今日の展示会を開いた古川さんも大いに携わっているみたい(彼はとんでもない太公望として一部の人には有名)。
場所は同じくリムアートです。お近くの方は覗いてみてはいかがでしょうか?
僕はお近くではありませんが、また谷中から遊びに行こうと考えています。


flyfishin'.JPG

フライフィッシング・トリップ -釣りからみえる世界-
2009.12.01 - 2009.12.06 at limArt

※会期中、DIGAWEL製のオリジナルフライフィッシングバッグの予約販売ありという噂です。DIGAWELERの加藤さん、お一つどうです?
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64