hibi no awaI AM WILLING TO SHARE THESE KINDA BEAUTIFUL DAYS.

| VIEW | CALENDAR | ADMIN | TAGS | ARCHIVES |
アニエスの浜辺へ。 10 years ago
agnes.jpg

神保町の岩波ホールで「アニエスの浜辺」を観て来ました。
映像作家アニエス・ヴァルダは御歳81。
その圧倒的な行動力と記憶力と創造力には脱帽です。
ほんとかわいいおばあちゃん!
大切な人に涙と花を手向け、大切な夫の映像を残す彼女、きれいな女性。

そして岩波ホール、すごくいいのです。
ミニシアターの先駆館のソファは柔らかすぎず心地いい。暗転して、じんわりと両サイドの丸電球が消えていくと同時に新しい世界へ向かう準備を整えます。

途中入場、基本禁止。
場内飲食、当然禁止。
照明暗化、徐々進行。
開始的音、共鳴心拍!驚驚!
同客同志、静々観賞。
終始円満、良話謝々!

言葉も思わず脱ジャパーニーズになるほど素敵な空間にて、ヴァルダの映像にお会いすることをお勧めさせていただきます。いい映画でした。

※先ごろ大阪での上映も始まったようですね。詳しくはWEBで。

400yen 10 years ago
R0012931.JPG

金曜日に有楽町のムジ花屋で買ったばらの花は、よりどり10本で399円。
月曜日の曇天にどこか喜び、ほころびはピークを迎えました。

マックに行けばセットを頼め
オリジンだったら昼ごはん
旅ベーグルは二つだけ

ばらの花は食べられないけど、目に映る。

等価は、人それぞれに存在する。
ばらの花に満足しています。


今日は岩波ホールで映画を見て、神保町でくるりのトリビュート買って、
中華を食べてよく眠る。最高等価日となる。
パチンコ屋みたいで意味が分からないけど、そんな1日にしたい。

ハラカミックスで気分を高めたら、町へ出よう。
私、元気です。 10 years ago
土曜日の夜、目黒のホテルクラスカで行われた「夜のフリマ」は大盛況で、持っていったベーグルもするすると皆様の手に渡りました。ありがとうございました。
この夜はハロウィンということもあり、ファニーでハッピーな衣装の外国の方々がクラスカに続続といらっしゃり、(ちょっと違うノリですが)盛り上がっていました。幸福なパーティナイトでした。楽しかった!

夜の9時ごろ、クラスカを後にして帰路に着きました。
帰りの電車で考えるのは、会場で久しぶりに会った友と、初めて会った人々と、どうしようもない思い出し笑いと、数時間後にまた始まるベーグル作りのこと。

仕事はとにかく遅く、要領は常に得ないダメ男ですが
おかげさまで丈夫な体と、くだらないことを笑いとばす知恵を両親から得ました。

あまり寝なくても、楽しいことが待っているなら全然余裕。
私、元気です。


営業日、朝7時にお店を開けるのは
暮らす町に対する(プライド的な自己満足の)責任感がほんの少々と
やっぱり、それが楽しいからでしょう。


なんにしても、元気だからできること。
そして感性豊かな友と、朝から遊びに来てくれるお客様がいること。
(ひょっとして生まれる前から続く)おかげさまの奇跡的な連続に感謝!

たまにはね、真面目に健康と、おかげさまを考えるのも悪くないでしょう?
悪くないと思います。
10月最後のイヴェント告知など 10 years ago
お客様各位

平素よりお世話になっています。
10月31日(土)は通常営業のあと、目黒のクラスカ「夜のフリマ」に出品します。
TFC(台東フォーククラフト協会)というブースです。

フリーマーケットは19:00-23:00まで。
クラスカは今年のdesigntide会場の一つにもなってるから、一緒に面白いものもたくさん見れるし盛り上がるはずですよ。
しかも入場料なしで、フリードリンク。こりゃすごい!
学芸大学界隈の人は、飲みに行くだけでもいいんじゃないでしょうか。
だってフリーですものね。

ベーグルが売り切れ次第、帰宅して翌日の営業に備えます。
出品するベーグルはたくさんではないので、売り切れの際はご容赦下さい。

※11月1日(日)は通常通り朝7時開店です。どうぞ宜しくお願いいたします。


R0012928.JPG

それから、スプーンという雑誌に掲載していただきました。
僕の風体がどうであれ、可愛らしい雑誌に旅ベーグルが掲載されるのは嬉しいことです。
「森ガールのための路地裏散歩ガイド」というコーナーにありました。

森ガール?

「衆議院選挙で森元首相の選挙カーに乗り、手を振る女性」が頭を過ぎりましたが、どうやら違う様子。
すぐにネットで調べて、ちゃんと理解したつもりです。
もう大丈夫。森ガールズ、旅ベーグルは待ってるぜ。

掲載、ありがとうございました。
日光へ。 10 years ago
ぐんと晴れ上がった10月火曜日。
副社長、ネグラのカジさん、やまださんと僕で遠足へ出掛けてみました。

目的地は今頃、僕らをぐいぐい呼んでるような日光周辺。
奥日光の紅葉と、今市でお店をしている素敵な人々に出会う旅です。
扇大橋から首都高に乗り、東北ハイウェイを北へ進みます。

今回の旅のためにしおりをこしらえました。その名も「da 日光今市」。
行ったことのない場所でもしおりを作りながら、前もって旅ができる。
内容はルート、民謡、方言、県政、名産品、会話に困ったら歌う歌など。
果たして皆にどれだけ役立ったか(役立ってないか)はあまり関係なくて、圧倒的に自己満足なんだけど、後部座席は楽しそうだったからそれで良かったな。
僕も余裕とちょっとした地域知識を持って日光に入れました。
そしてこれは長距離の運転手にとって、結構大切なゆとりかもしれません。

家族旅行するお父さん、しおりを作って、ぐっと思い載せて、旅に出てみては?


日光.jpg

さぁ、日光市です。


霧降ノ滝.jpg

日光駅からちょいちょい上ってすぐの霧降高原・霧降ノ滝
紅葉、緑から朱色まで。すごいきれい。


おばちゃん紅葉.JPG

おばちゃんも紅葉


地衣類.jpg

地衣類も紅葉


そば.jpg

地そば、山菜天ぷら盛り合わせ、山魚、田楽などなど
実に美味しくいただきました。町営?でもレヴェル高い。クレソン天やばい。


山道をゆく.JPG

山道を行くネグラ店主


市街を望む.jpg

少し車で山登り。チロリンヴィレッジを越え、見晴らしのいい場所へ。


日光市街地→今市へ。
久しぶりに会いたかった人、会ってみたかった人のいる町です。
今市の駅そばに穏やかな3店、肩を寄せるようにありました。

ココロヤ.JPG

ココロヤ2.JPG

cocoloya。そこには懐かしい声と、相変わらず安心の空気感です。
店主の描いた絵を譲っていただきました。しばらく眺めて、お店に飾る予定です。
是非、旅ベーグルにも見に来て下さい。ほんといい絵です。


アナログブックス.JPG

アナログブックスは安心の品揃え。副社長はリンカランを購入。
僕は勝手に例幣使街道トークで盛り上がる。
ここでお店をする人々は本当に面白いんです。
ちなみにこの日は帰り道、例幣使街道を通ったんですが、これから来るであろう、ちょっとやばい歴史街道でした。よく研究してこのブログで成果をご報告できればと思います。


日光コーヒー.JPG

日光コーヒーは雰囲気も内装も、もちろん味もスタッフも素敵でした。
店主の人柄が焙煎にぐっと出ています。
木苺ソーダも大変おいし!


玉藻小路.jpg

ここでお店をするみんなとの話は楽しくて、ちょっとまじめだったり、くだらなかったり最高でした。いい刺激(というより心地いい刺激)になりました。名残惜しいんだけど、東京に帰る時間です。

帳に月が浮かんだような、闇待ち空はぐんと澄んで、きれいでした。


それでもここは東京から、特急でたったの1時間半です。
また必ず来ます。


いい遠足はいい人々との出会いで作られました。
楽しんで、頑張って働こう。
ロイヤルミルクティ 10 years ago
ミルクティとロイヤルミルクティの違いとか
確か遠い昔、誰かから聞いた気がするけれど忘れてしまいました。
調べればすぐわかるけれど、調べたいとは思わないのは今でも
ロイヤルという響きと存在は僕には神秘で、軽く触れてはならぬものだからか。

軽く触れられないはずのロイヤルな飲み物がもしも
手の届く範囲にあれば、注文してしまうのが人心というものでしょう。

僕はそれらの違いがよくわからぬまま
ロイヤルとついたミルクティが喫茶店にあれば、とりあえず注文しています。
チャールズさんとかも飲んでるのかなと、思いを馳せつつ注文しています。


ドトール.JPG

先日、ドトールにもロイヤル発見!
三角ティーバッグ、でもロイヤル!(しかもかわいい紙部分)
どこの紅茶か、知ってる人教えてください。

それからロイヤルじゃないけど
ミルクティといえばこれでしょう。90年代最高です。
大人なので色々あるけれど、この頃のUAとムラジュンは素敵だったな。
パワーと精密 10 years ago
メトロ銀座線の上野車庫と地下進入口にある踏切を見学に行った帰りに発見。


パワー精密.jpg

会社名、味わい深い。ほんと、かっこいい。
昔からの町工場が連なる東上野にて、社長のセンスが光るネーミング。

パワーと精密
陰と陽
トムとジェリー
スパイス&ジュース

それぞれ極端、でも相反しないよう上手いことやれば、2つ合わされば、
ポジティブで建設的で美味しい方向へ進むということ再認識です。

「株式会社パワー精密」果たしてどんな製品、作ってるんだろう。
ググってみます。


反対同士を楽しんで合わせる。
組み合わせの妙を考える夜。
from もとにし君農場 10 years ago
北海道に暮らす友より送られてきた、今年最後の果実。


R0012870.JPG

彼得意のほったらかし栽培によるブラックベリーをジャムに仕立てました。
現在、店頭にて販売中です。


ブラックベリーは種があるので裏ごしが必要。食べるんだったらそのまま口に放り込めばいいんだけど、ジャムでは繊細に取り扱います。前回のブルーベリージャムのように、赤ワインとシナモンを合わせます。今回の赤ワインはアメリカ・ワシントン州産ぶどうのビオ。ややとんがり系です。


R0012873.JPG

大人味のシャレオツ田舎風ジャムに炊き上がりましたよ。
よろしければお試し下さい。


ところで、もとにし君農場のオーナー(?)もとにし君は、この中に出てきそうな人。楽器は何もできないので、ただベンチに座って手を叩いていそうです。ちょっと虚弱なナイスガイは大学時代、漢方を飲みながらラグビーしてました。実にいい奴です。また来年、美味しい果物をよろしく。

※完売しました。ありがとうございました。
東京で流星を探してみる。 10 years ago
流星群が来ていますね。


ここは下町といえど、我が家のベランダから望む夜空は残念ながら上野の街灯群と、遠く秋葉原のチカチカでくすんでいます。
ということで夜更け過ぎ、僕らは暖かく着こんで頭角60度を保ち、今頃は星が走るという東空を眺めながら、暗やいだ場所を探し、歩きました。

路地に入り込めば、確かに相当暗いんだけど真上しか見えません。見たいのは東の空だからもっと広い場所へ。車が通らなくて、そこそこ暗くて、長時間見上げていても怪しまれない場所へ。

ということでアランさんのアトリエ付近へ移動です。
ここは寺町・谷中でも圧倒的な侘び風情、つまり寺と墓ばかり。瑞輪寺に続く道路だけ、妙に道幅があるのでこの場所から東の空を見上げてみます。夜に、太くて静かな道路に出くわすと、分かっていても怖いです。(google mapで上空から見てみると、瑞輪寺の敷地は現在でも広く、創建時から有力な寺であったと想像できます。また、この広い道路沿いには瑞輪寺と同じ山号を持つ浄延院があるので、この道路は当時、参道だったのかもしれませんね。ウロウロのやまださん、そのへん今度教えてください。)

立ったままぼんやり一時間ほど眺めて、一つだけ。二人同じ流星を確認。
細かい星々は東京のガス空ではなかなか踊らない様子でした。


ところで旅ベーグル副社長は天体ファンではないけれど、流れ星情報があると熱心に追っかけます。田舎学生時代は布団をアパート裏の駐車場に出して、眠りながら流星観測をしていたとのこと。あの町だったら、今回の流星群もサーカスのように見えただろうな。


明日は仕事休みなので今夜、もう一度眺めに行こうと思います。
上野公園は駅に近すぎで明るいから、東京藝大にすっと入り込み、あの草原っぱから見上げてみようかな。

3000年前の塵の粒
よくここまで光って来たな。


See What Higher Than the Stars

さてあなたの町
今宵の天上には何があるの?




茹でちゃえば? 10 years ago
「まいにち、ベーグル!」(河出書房新社刊)に掲載していただきました。


RIMG0885.JPG

右も左もベーグルばかり。なかなかにマニアックな一冊ですが、掘り下げ加減もここまでくると面白いし、「ああ、みんなはこんな風に捏ね上げて、焼いてるんだ」とすごく勉強になります。

人によって色々な作り方があるけれど
茹でちゃえば、それでベーグル。

これ読んで、皆も始めよう。

食べてもらいたい人考えて捏ねて
そのゆとり分、茹でちゃえば

それでベーグルですよね。


デュカ販促週間 10 years ago
今日は台風で臨時休業にしたのでゆっくりと休みました。
明日は金曜日ですが、晴れそうだし元気なのでお昼頃からごそごそとお店を開ける予定です。よろしければ覗いてみてください。


さて。今回は、ただいま「デュカ販売促進週間」ということで、美味しいデュカの食べ方をご紹介します。デュカはスパイスのベーグルなので、少し甘いものと合せてみましょう。

-----

「リエットとアボガドのディップ・白バルサミコ風味でデュカをいただく」

1.美味しい適宜リエットを作ります。
最終的にクイジナートで回すのであまり細かいことは気にせず豚バラとベーコン(合せて150gくらい)と玉ねぎ(適宜)を刻み、軽く茹でます。水気を切ったら、オリーブオイル(適宜)、生クリーム(大さじ2)、塩(適宜)、ナツメグ(適宜)、カルダモン(適宜)、ニンニク(適宜)、それからコショウ(がっつり)をクイジナートします。適宜になめらかになればできあがり。今回は甘ーいアボガドと白バルサミコと合わせますのでコショウでしっかり味にしています。

2.アボガドをスライスします。

3.ベーグルをちぎって一口大にし、その都度リエットとアボガドをのせ、白バルサミコをかけて召し上がれ。ベーグルサンドじゃなくて、その都度ディップするほうが楽しいし、何となく会話も弾みます。

-----

どうぞお試し下さい。


ビオロジコ.jpg

我が家の白バルサミコはモデナ産のbioです。
ちょっと高級ですが、すーっと甘いので和食にも使え重宝してます。
商品名「ビオロジコ」も微笑ましく甘い響き。
10月8日(木) 臨時休業します。 10 years ago
お客様各位

平素よりお世話になっております。

10月8日(木)は台風接近による悪天候予報により、臨時休業します。

今回の台風は相当大きな、ざわざわを伴っています。
皆様もなるたけ無理はなさらず、心穏やかにお過ごし下さい。


旅ベーグル 店主拝


10月の旅 10 years ago
兄の結婚式参列のため、ふるさと豊田への旅です。


東京→豊橋→知立→豊田市という駅巡りで向かいました。今回は最短ルート。名古屋経由よりも時間は少しだけかかりますが、かなり安い。八重洲口の金券ショップで格安チケットを購入し、ひかりに乗り込みました。自由席ですが、東京はいつだって始発なので余裕で着席。いつもよりも少しだけ浮いたお金でP.マルコリーニのアイスを購入すれば、旅気分も全然、違います。東京駅店は朝8時からやっているので有難い。


豊橋→知立

パノラマスーパー.JPG

乗り継ぎもスムーズに特急乗車できました。展望電車の先駆け、名鉄パノラマ号の後継車両パノラマスーパーです。曇り空に朱色の準流線型、やばいですよね。残念ながら豊橋発のパノラマスーパーの展望車両は後向きになるので(酔います)、乗りませんでした。最高時速120kmで知立を目指します。


知立→豊田市

赤い電車.JPG

知立からは名鉄豊田線でのゆっくりした旅です。僕ら三河っ子にとって「赤い電車」といえば「京急」ではなく圧倒的に「名鉄」。もっと言うと、京急よりも車両の色合いはより赤に近いんです。名鉄も、くるりに歌ってもらいたいものです。
名鉄豊田線沿線には在原業平が伊勢物語であの美しい「かきつばた」の句を詠んだ八橋に程近い三河八橋駅もあり、途中下車も楽しい、歴史文学的にもけっこうやばい沿線です。西三河に訪れの際は、どうぞ足を伸ばしてみてください。


豊田市につく頃には秋空は晴れ上がり、美しい吉日となりました。
身支度をして、式場へ向かいます。

光へ向かう.JPG

二人は楽しそうに夢の中へ進んでゆきました。
列席の僕らもその夢に、ニコニコとついてゆきます。
とてもいい結婚式でした。おめでとう。


翌日は墓参りをしたら車を借りて、行きたかった場所を目指します。


市場.JPG

名古屋中央卸売市場(本場)にある「一力」で定食をいただきました。
刺身、小鉢、煮魚、ごはん、味噌汁、漬物が付いた日替わり750円は素晴らしいコストパフォーマンス。
市場のエントランスは築地よりも近未来でかっこよかったです。


そこから下って、有松へ。
絞りの産地、美しい町並みは旧東海道沿いにひっそりとありました。
お店で使ってる手ぬぐいは注染ばかりなので、絞りのいい具合のものを探して。

ありまつ床屋.JPG

床屋の店構えもかっこいい。


有松からは蒲郡を目指します。
高橋さんのブログで知り、どうしても行ってみたかったお店。
行けました!

RH.JPG

RUSTIC HOUSEは蒲郡の市街地から離れた、静かな土地にありました。
居心地、良過ぎです。パンとコーヒーとてもおいし。
商品のセレクトも温かくて、すっと手にとりたくなるものばかり。
三河でDOSAを扱っているお店は、ここしかないんじゃないかな。

そして、蒲郡市街地にあるsus + contrastで、オーナーの鵜飼さんにお会いしお話をすることができました(高橋さん、ご連絡ありがとうございます!)。想像通りの素敵な方でした。幸せな時間でした。


coffee.JPG

RHのコーヒーがとても好きな感じだったので購入。
さわだ夫妻、しばらくは三河の味を楽しめますよー。


新幹線の友.JPG

豊橋からの帰りの新幹線で「ヤマサのちくわ(豆)」と「田丸屋のわさび漬け」という黄金コンビを堪能しました。岬君あっての翼君です。このセットで300円くらいはすごくいい価値です。


銘菓.JPG

豊田銘菓「自動車もなか」のパッケージのメカニックなこと!もなかはクラウン!



いい旅でした。
みなさん、ありがとう。




星のはらっぱと花嫁 10 years ago
涙を馬のたてがみに。



R0012678.JPG

サックス奏者・故篠田昌巳のアルバム「COMPOSTELA」とは「星のはらっぱ」という意味でスペインの巡礼地、サンチャゴ・デ・コムポステラに由来する。
伝説によると、この地に葬られた聖ヤコブの墓のありかを星の光が羊飼いに指し示したらしく、それ以来ここが星のはらっぱと呼ばれ、目指すべき巡礼地となったとのことである。

僕はクリスチャンではないので、果たしてその土地へ行く(本来の)意味はないのだけれど、そんな暗闇の草原で起こった一夜の奇跡を目を閉じて想像すると、勝手に音や風景がざわざわ浮かんで来て、耳元で何か言っている。そして何とか行ってみたい衝動にかられてしまう。これが美しい地名の魔力だなと思う。

この「COMPOSTELA」というアルバムで篠田氏と共に音楽という巡礼に出かけるのはプロのチンドン屋である。フリージャズと、旅する演奏家達と、この巡礼という言葉はとてもしっくりとくる。皆で隊列を組み目指すべき場所へ、星のはらっぱへ向かっている姿が想像できる。


さて、今年の春、グリさんに薦められてジンガロを観に行った。
人馬一体のありえない美しさとスピード、そしてトランシルヴァニア地方の遊牧音楽に僕はやられてしまい、久しぶりに腰が抜けてしまった。土煙で目が充血しても、決して目が離せなかったしトランペットとヴァイオリンの掛け合いは帰り道でも耳の奥でわんわん鳴っていた。すごい舞台だった。


初めて「COMPOSTELA」を聴いた時、ジンガロで観た白馬に乗る花嫁の姿をまず想ってしまった。

僕の音楽の文化的背景に関する知識と経験の乏しさは、その国々に住む人々にしたら有り得ない同一化をさせてしまっているとは十分承知していても(そもそも巡礼者と遊牧者と、言葉から違っているよ)、僕はそう感じてしまったし、今でもすごく近いなと、直感で思ってしまう。


最近はほとんど見なくなったけれども、もし今どこかでチンドン屋を見かけたら、隊列の最後には白い馬がいて欲しいなと思う。



で、結局何が言いたいのかというと、よく分からない(おーい!)。
でも、せっかく書いたのであげときます。
いつも通り支離滅裂ですいません。



ところで「COMPOSTELA」はいいアルバムです。amazonで買えます。
YOUTUBEには(もちろん)ないので、代わりにジンガロ体験以来気に入ってるルーマニアの彼らを貼っておきます。ここにも馬が登場しますね。


そうそう、心は遠い草原に。

10月4日(日)、旅ベーグルはお休みです。 10 years ago
お客様各位

東京雨中、みなさまの町は如何がでしょうか?
慶事に列席するため、今週の日曜日(10月4日)はお休みをいただきます。
10月3日(土)は通常通り営業しますので宜しくお願いいたします。


界隈ではアートリンクが始まり、そのまま芸工展へと続きます。
それぞれの店主や色々な団体が趣向を凝らしたイヴェントを多数こしらえ、皆様をお待ちしていますよ。

ちょっとした晴れ間を見つけたらすかさず
それとも雨空、でも下町の盛秋をぐるり探して
ふらりと電車に飛び乗ってみては?

そんな、どんなふうでも出かければ楽しい季節です。
僕も小さな旅に出よう。


asakusa ima to kin-mirai 10 years ago
休みの日でも朝はどうにも目が覚めてしまうので、ごそごそと起き出して、久しぶりにダフト・パンクの「インターステラ5555」を流し観ました。ピコピコ、ぼーっと始まる休日です。

とりわけデジロー・ラヴは(ベタですけどやっぱり)かっこよくて好きです。
当時はi-podなどなかったのでMDに落として爆音で聴いて、騒ぎ歌いながら自転車で走っていました。あぶない人です。いいところで虫が口に飛び込んで来たこともありました。

PVは巨匠、松本零士によるもので、今見てもすごく近未来でかっこいいです。
ギブソンのflyingVみたいな、ギター型パステルカラー宇宙船もキラキラでため息が出ます。

一通り観終え、妙な高揚が残っていたから浅草まで近未来を探して、チャリで出かけました。
浅草の隅田川観光船乗り場からは松本零士デザインの観光船「ヒミコ」が出ています。一日に数本のダイヤなのでちゃんと時間を調べて、確実に観れるタイミングを計ります。


R0012717.JPG

午前10時10分、定刻どおりにヒミコはお台場を目指し出発。
興奮のあまり、写真光りまくりです、すいません。
ヒミコ観測地・吾妻橋の向こうには東武線の高架橋が架かっていて、運がよければ日光行きのスペーシア号も同時に観れますよ。近未来つながりですね。


R0012724.JPG

乗り場のガチャガチャにてピンズも手に入れる。


看板.JPG

船を観た帰りは、気になっていた寿4丁目のサテンへ立ち寄りました。
すごく気のいいご夫婦の「珠玉」。コピーもぐっと心意気。


珠玉.JPG

古くても、店内の清々さと厨房内のきれいさに目を見張ります。
ご主人はお釜の内蓋を丁寧に楽しそうに洗っていらっしゃいました。
勉強になります。


ざくろ.JPG

すぐ隣の黒船神社は秋の実りに微笑んでいるようす。
老紅のざくろは昔も今も町を見下ろしています。



見るものは 得るもの 10 years ago
店からすぐ近くの、「ギャラリー千駄木空間」にはよく行きます。
6畳ほどの小さな空間で、素敵な展示が始まっていますのでご紹介します。

----

ツチヤヒロコ「WYSIWYG」展 2009.9.22-9.27 千駄木空間にて

タイトルは「What You See Is What You Get」の頭文字をとったもの。
wikiによると「WYSIWYG」は主にパソコン用語(DTPの人が使う言葉?)として用いられてるみたいだけど、直感的な言葉としてツチヤさんは使われています(当たり前か)。

----

仕込みの後、立ち寄って少しだけ、話ができました。
僕らと意外な共通点がいくつもあり、言葉のテンポもよくて素敵な女性です。
今週の日曜日までなので、へび道にきたら覗いてみてはいかがでしょうか?


wysiwyg.JPG

DMと、彼女にいただいた山口名産「ういろう」
wataridori, they come back. 10 years ago
道々の草花が南南東に仰いでいることに気付く。
へび道を抜ける風向きがくるりと変わりました。

「さてこの風が渡り鳥を連れてくるのか?
 それとも、鳥の飛来が風を作るのか?」

見上げてベーグル屋のおっちゃんもロマンチックに考えてみる。
そんな小話を考えてみようかなと思ったりもする、不思議な頃の到来です。

この季節との確かな再会はベーグル旅再開のきざし、さぁ準備に入ろう。



お客様各位

通販再開しました。ご注文こちらから。
hello, our friends and tabimachi people, we have just backed in mail order (HERE) !

僕らは(勝手に)旅ベーグル・通販のテーマを聞きながら
皆様からのご注文をお待ちしています。



2009年もあと3ヶ月、どこに行ける?
サンコンと過ごす 10 years ago
確かジェーン・バーキンは、ぼろぼろになって潰れるまで、同じコンバースを履き続けると聞きました。

僕は30過ぎた今でも愛用しています。
アメ横にとんでもなくオールスタの安い店があるから、半信半疑でも買い続けています。これで浜省気分、秋の表参道だって闊歩するんです。

常に身近にないと不安なので、いつもストックするようにしているのですが、前に買っておいたのも忘れて、さらにその忘れてたことも忘れていて、気付けば新品のオールスタが3足、我が家に集合していました。全部キナリです。

高級なアメリカ製のオールスタは、人生で一度しか履いたことありませんが、長年の付き合いのおかげか、ヴェトナム製とインドネシア製の微妙な履き心地の違いが分かるようになった気がします(気分で言ってます)。タグ裏のプリントの色とかも製造国で違いますよ。プチ自慢です。



雨の日に歩いてみて、かかとのゴムが磨り減った辺りから浸水する、その時まで
みんなも履き潰しましたよね、オールスタ。

そして、その雨が夜更け過ぎに雪へと変わったホーリーナイトに
厚手の靴下ごと指先を凍らせてしまったよね、オールスタ。

なるほど世界中で老若男女問わず
同じような経験と思い出をを共有できる靴なんて
オールスタ以外にはないかもしれません。

R0012687.JPG

ただいま、我が家にはサンコン。しばらく安心です。
一日の終りに 10 years ago
Image159.jpg

明日はたぶん見れない、きれいな9月の緑壁を帰り道に見ました。
今日は色々あったけどこれで結局、よい一日だったな。

明日はおかげさまで予約がたくさん入っているし
今日はちゃんと、感謝して眠る日とします。

当たり前だけど
毎日同じことのない
毎日の美しいこと!

毎日同じことのない
毎日のなんて果てしないこと!


感謝、感謝。
僕でもまじめにこんな日もある。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64